【日本】トヨタ、中部電力・豊田通商と連携し再エネ発電事業会社設立。再エネ電源開発進める 2020/04/11 最新ニュース

【日本】トヨタ、中部電力・豊田通商と連携し再エネ発電事業会社設立。再エネ電源開発進める 1

 トヨタ自動車は4月3日、中部電力、豊田通商と共同で、トヨタグリーンエナジー有限責任事業組合を7月に設立することに合意したと発表した。日本での再生可能エネルギー電源の取得、運営を行い、将来的にはトヨタグループへの供給を目指す。特に、再生可能エネルギー電源の自立化に向けたコストダウンや、設備の長寿命化・リプレース等の構造的な課題に取り組む。

 出資比率は、トヨタ自動車50%、中部電力40%、豊田通商10%。本社は愛知県名古屋市。

 トヨタ自動車は、「トヨタ環境チャレンジ2050」に基づき、クルマの環境負荷をゼロに近づけようとしている。しかし、国内での再生可能エネルギー電力の調達では課題を抱えていた。今後は、再生可能エネルギー発電にも進出することで、電源確保に動く。

【参照ページ】再生可能エネルギー発電事業を推進する「トヨタグリーンエナジー」を設立

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る