【6/19:ウェビナー】グローバル企業が”コロナ”で打ち出した社会需要と事業変革の融合 2020/06/04 行動する

【6/19:ウェビナー】グローバル企業が”コロナ”で打ち出した社会需要と事業変革の融合 1

グローバル企業が”コロナ”で打ち出した社会需要と事業変革の融合
〜アジア地域で起きている巨大な変化から学ぶ90分~

 2020年に世界を襲った新型コロナウイルスにより、世界の経済・社会の変化はますます加速している中で、日本企業では、不況を耐え凌ぐモードに転じており、攻めの一手が打てていない状況です。

 日本企業が変革に出遅れている一方で、欧米資本、中国資本、現地企業の間では、既にAfterコロナを見越し、市場獲得競争が激化しています。資本市場を動かす機関投資家の間でも、長期トレンドに着目して投資戦略が定着し、社会動態や環境変化を見据えた投融資に傾斜してきている状況です。

 こういった状況下で、日本企業が世界を相手に戦っていくために経営、投資、事業、人材の4つ観点からコロナの出口戦略について最前線の2人が語ります。

【こんな方にオススメ】
・コロナの出口戦略の最新情報が知りたい
・日系企業の横比較だけでなく、外資系企業の動きを参考にしたい
・先が見えない中で戦局を変える一手を見いだせていない
・日本とアジアの動向を一気に知りたい
・日本市場は理解しているが、アジアの現場感をもっと知りたい
・アジア市場は理解しているが、日本の本社とより円滑にコミュニケーションがとりたい

【アジェンダと登壇者】
◆株式会社ネオキャリア 執行役員 Reeracoenグループ総責任者 内藤兼二
『第一波における業績影響の底をついたASEAN。下半期に向けた日系企業の変化と出口戦略』

◆株式会社ニューラル CEO 夫馬 賢治
『グローバル企業が進めるサステナビリティ・ディストラプション戦略
〜コロナショックで加速する企業の勝ち筋の変化〜』

◆配信日時:6月19日(金)
日本時間           18:00~19:30
シンガポール・マレーシア時間 17:00~18:30
タイ・ベトナム時間      16:00~17:30
※時差にご注意ください。
◆配信形式:Zoom Webinar
◆申込:こちら

【登壇者プロフィール】
◆株式会社ネオキャリア 執行役員 Reeracoenグループ総責任者 内藤兼二

2006年リクルートエージェント(現リクルートキャリア)入社。2010年よりリクルート中国へ出向。二桁成長を続ける中国の最大市場、上海に赴任。2011年、中国での事業拡大に伴い3拠点(蘇州・天津・大連)の設立。その後リクルートアジアの企画責任者を経て、2013年、ベトナムに赴任、同社タイ法人の設立。14年に同社退職。2015年REERACOEN Malaysiaを設立・赴任。台湾、上海、香港の兼務を経て、18年よりシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、香港、台湾、中国の拠点を統括。アジアにて10年間人材業界に関わり、新規設立、撤退清算を経験。

◆株式会社ニューラル CEO 夫馬 賢治

2013年にサステナビリティ・ESG投資コンサルティング・ファームのニューラルを創業し現職。時価総額2兆円を超える大手上場企業や機関投資家から経営戦略、投資戦略、IR、リスクマネジメント、マーケティング、ブランディング、R&D戦略等のアドバイザーやコンサルティングの依頼を幅広く受けている。サステナビリティ・ESG投資ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。環境省ESGファイナンス・アワード選定委員や国際会議での有識者委員を歴任。CNN、NHK、日本テレビ等への出演や、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、日本経済新聞への取材対応、国内・海外での講演も多数。ハーバード大学大学院リベラルアーツ修士号(サステナビリティ専攻)取得。サンダーバード・グローバル経営大学院MBA取得。東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒。著書『ESG思考』(講談社+α新書)他。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る