private 【ヨーロッパ】ライオンデルバセル、再生プラ販売強化。ケミカルリサイクルも積極化 2021/04/17 最新ニュース

 プラスチック製造世界大手蘭ライオンデルバセルは4月12日、リサイクル・プラスチック製品シリーズ「Circulen」を発表した。同製品は、まず欧州市場に展開し、スーツケース大手米サムソナイトのエコ・スーツケース・ラインナップ「Magnum Eco」に採用が決定している。今後、北米と中国にも投入予定。

 今回発表の製品シリーズは、「CirculenRecover」「CirculenRevive」「CirculenRenew」の3種類。「CirculenRecover」では、廃棄プラスチックをマテリアルリサイクルしたポリマーを使用する。「CirculenRevive」では、ケミカルリサイクルを通じ、廃棄プラスチックをフィードストックまで還元し、新たに生成したポリマーを使用。「CirculenRenew」では、ケミカルリサイクルを行い、使用済みの食用油等から生成したポリマーを使用する。

 同社は2030年までに、リサイクル・ポリマーを年間200万t製造・販売する目標を設定済み。サーキュラーエコノミーの実現に向け、仏環境サービス大手スエズと共同設立したマテリアルリサイクル技術開発Quality Circular Polymers(QCP)の事業拡大に取り組む。使用済み家庭廃棄プラスチックや産業廃棄プラスチックを活用した、リサイクル・プラスチックの製造に注力する。

 また同社は、ケミカルリサイクル技術「MoReTec」や実証実験施設の建設等で、イノベーションを拡大。同社の欧州でのクラッカーおよびポリマー生成拠点では、国際サステナビリティ・カーボン認証(ISCC)のISCC+認証を取得する。使用する消費財メーカーの廃棄プラスチックの削減や二酸化炭素排出量削減に寄与する。

【参照ページ】LyondellBasell Launches Family of Circulen Products to Advance Circular Solutions

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る