【イギリス】原子力公社、核融合原発のプロトタイプ建設で候補地5ヶ所を発表。公募の結果 2021/10/18最新ニュース

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省の英国原子力公社(UKAEA)は10月14日、核融合型原子力発電所の候補地5ヶ所を発表した。2022年末頃に最終決定する予定。

【参考】【英国】政府、核融合型原子力発電の商用助成制度発表。2040年の商用化目指す(2019年10月8日)

 今回の予定しているのは、核融合型原子力発電の商用化助成制度「STEP(Spherical Tokamak for Energy Production)」のプロトタイプ基。202012月から2021年3月まで用地公募を行い、15の用地がロングリスト入り。そこから、5つの絞り込んだ。

 候補地は、アルファベット順に、ノースアーシャー州のアーディア、イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー州のグール、カンブリア州のムーアサイド、ノッティンガムシャー州のラットクリフ・オン・ソアー、南グロスタシャー州とグロスタシャー州のセヴァン・エッジの5ヶ所。

 今回のプロトタイプでは、発電だけでなく、プラントのメンテナンス方法や燃料の自給方法を実証する。建設と運転では、数千人の高度な技術を要する雇用を創出する。

 英政府は10月、核融合エネルギー規制の方向性を示したグリーンペーパーと、核融合戦略を発表。UKAEAは、英政府の核融合エネルギー研究を担っており、2040年代初頭の運転開始を目標として設定している。

 英政府は、STEPに、第1弾として2億2,200万ポンドの予算を用意。別途、オックスフォード近郊のカルハム科学センターおよび南ヨークシャーのロザハムで、新たな核融合施設、インフラ、実習のために1億8,400万ポンドを投じている。

【参照ページ】Five sites shortlisted for UK fusion energy plant

Links