【英国】政府、核融合型原子力発電の商用助成制度発表。2040年の商用化目指す 2019/10/08 最新ニュース

【英国】政府、核融合型原子力発電の商用助成制度発表。2040年の商用化目指す 1

 英アンドレア・レッドサム・ビジネス・エネルギー・産業戦略相は10月3日、核融合型原子力発電の商用化助成制度「STEP(Spherical Tokamak for Energy Production)」を発表した。コンセプト設計に対し、2.2億ポンド(約290億円)規模。従来の核分裂型の原子力発電所には安全面での懸念が広がる中、メルトダウンのリスクや放射性物質を伴わない核融合型原子力発電所に可能性を見出す。

 同氏は、核融合型の原子力発電の商用化によって、今後増え続ける世界のエネルギー需要に応えることが可能だと分析。英原子力公社(UKAEA)や産業界、学界と協働し、2024年までに設計完了し、2040年までに商用可能なイノベーティブな原子力発電所の建設を目指す。

 同プログラムは、UKAEAの開発する超高温のプラズマを閉じこめる磁気閉じ込め方式「トカマク型」の一形式である「球状トカマク」方式を念頭に開発をすすめる。同プログラムは、単体で300以上の雇用を創出し、原子力関連サプライチェーン上の企業やハイテク産業への膨大な波及効果も見込む。同プログラムで重要な役割を担う新たな「メガアンペア球状トカマク」実験は、2020年初頭にカルハムで運用を開始する予定。

 核融合反応による原子力発電は、従来は学術的研究の域を出なかったが、近年、気候変動緩和策として、商用化の関心が高まっている。

【参照ページ】UK to take a big ‘STEP’ to fusion electricity

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る