private 【国際】リオ・ティント、スコープ1と2で2030年CO2排出量50%削減。従来目標の3倍 2021/10/26 最新ニュース

 資源開発世界大手英豪リオ・ティントは10月20日、2030年までにスコープ1とスコープ2の二酸化炭素排出量を50%削減すると発表した。同社はこれまで同年までに2018年比15%削減を目標としており、3倍以上に引き上げた形。それに伴い従来の15%削減目標は2025年に前倒す。

 また同社は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る