【アメリカ】EPA、クリソタイルアスベストを禁止へ。米国で輸入許容の最後のアスベスト 2022/04/26最新ニュース

【アメリカ】EPA、クリソタイルアスベストを禁止へ。米国で輸入許容の最後のアスベスト 1

 米環境保護庁(EPA)は4月5日、アスベストの一つであるクリソタイルアスベストの継続使用を禁止する規則案を発表した。クリソタイルアスベストは、現在米国で輸入が認められている唯一のアスベスト。

 現在、クリソタイルアスベストは、ダイヤフラム、シートガスケット、油田用ブレーキブロック、アフターマーケット用自動車ブレーキとライニング、車両摩擦製品、ガスケットの6品目の原料として活用されている。しかし今回、有害物質規制法(TSCA)に基づき、既存の化学物質の安全性を再評価できる新制度を初めて活用し、今回の規則を打ち出した。

 米国では、アスベストは発がん性リスク懸念から、有害物質規制法(TSCA)で禁止されている。しかし、1991年に制定されたEPAのアスベスト禁止令が、1991年に裁判所で否定され、規制の抜け穴が生まれていた。そこでEPAは、2016年のTSCA改正で、新たなリスク再評価制度を導入。2020年12月、EPAはは最終リスク評価を発表し、人体健康リスクを特定していた。

 クリソタイルアスベストは、市場慣行の変化で、すでに多くの消費者向け製品では製造が中止されている。今回の規則が最終決定すると、クリソタイルアスベストを含有する上記対象6品目の製造、輸入、加工、商業流通、商業利用が全て禁止となる。ダイヤフラムとシートガスケットに関する禁止事項は最終規則の発効日から2年後に、油田用ブレーキブロック、アフターマーケット用自動車ブレーキとライニング、車両摩擦製品、ガスケットでは最終規則の発効日から180日後に発効する。

【参照ページ】EPA Proposes to Ban Ongoing Uses of Asbestos, Taking Historic Step to Protect People from Cancer Risk

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links