【アメリカ】企業のマイノリティ等DE&Iが加速。ヤム・ブランズ、ウェルズ・ファーゴ、VF等

Facebook Twitter Google+

 米国で非白人や女性等、社会的弱者のDE&Iアクションが加速している。女性やマイノリティに対する構造的不平等に問題に焦点が当たり、さらにバイデン政権になったことで、政府政策も追い風となっている。  ファーストフード世界大手米ヤム・ブランズは5月26日、米ルイビル大学と協働し、フランチャイズ店舗オーナー支援センター「Yum! Center for Global Franchise Excellence」を発足すると発表した。同社は今後5 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ディアジオ、アルコール飲料業界のDE&Iで事業成長戦略発表。インドでコロナ支援に7億円も

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオ北米法人は5月24日、アルコール飲料業界DE&I推進での経済的インパクト創出を目指す10年間のイニシアチブ「プロングホーン」を発足した。持続可能で大規模拡大可能な方法で、次世代の多様な起業家やリーダーの育成を行う。イニシアチブ名のプロングホーンは、高速での長距離移動が可能な北米固有種の動物から名づけられた。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】J&Jのエボラワクチン、WHOの専門家グループから使用勧告獲得。EU承認に次ぐ成果

Facebook Twitter Google+

 医薬品世界大手米ジョンソン・エンド・ジョンソンは6月4日、同社子会社ヤンセンファーマが開発したエボラ出血熱ワクチン「Zabdeno(Ad26.ZEBOV)」に関し、世界保健機関(WHO)の予防接種に関する戦略的諮問グループ(SAGE)から2回接種の使用支持勧告を受けたと発表した。これによりWHOからも認められた形となった。 【参考】【EU】ヤンセンファーマ、エボラワクチン販売承認。WHO協働でアフリカ展開も加速(2020年7月6日) [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バイオジェンとエーザイ、米当局からアルツハイマー治療薬を世界初承認。医薬品アクセス活動も始動

Facebook Twitter Google+

 米製薬大手バイオジェンとエーザイは6月8日、両社が共同開発してきたアルツハイマー病治療薬「ADUHELM(アデュカヌマブ)」が、米食品医薬品局(FDA)から世界で初めて承認されたと発表した。これまで難病だったアルツハイマー病の治療薬が誕生したことが大きな注目を集めている。  アデュカヌマブは、ヒトモノクローナル抗体で、脳内のアミロイドβプラークを減少させることにより、アルツハイマー病(AD)の病理に作用する初めてかつ唯一の治療薬。ア [...]

» 続きを読む

private 【国際】RMI、鉱物サプライチェーンESGスタンダード策定。保証制度RMAPで運用開始

Facebook Twitter Google+

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟)の責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)は6月3日、鉱物サプライチェーンでのESGスタンダードを発行した。従業員の労働条件、環境インパクト、コミュニティインパクト、リスクガバナンス等に関する基準を盛り込んだ。  今回策定したスタンダードは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】コカ・コーラ、Ocean Cleanupと協働で廃プラ回収船Interceptorを導入。2022年までに河川15本に展開

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米コカ・コーラ・カンパニーとオランダ環境NGOのOcean Cleanupは6月3日、プラスチックごみの河川への流入を防ぐため、協働すると発表した。2022年までにOcean Cleanupのプラスチック回収船「Interceptor」を15の河川で展開する。  Interceptorは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】スターバックス、欧州・中東・アフリカで再利用可能カップ導入開始。韓国では使い捨てカップ廃止

Facebook Twitter Google+

 スターバックスは6月3日、欧州、中東、アフリカに展開する全3,840店舗で、2025年までに再利用可能なカップでの商品提供プログラム「Cup-Share」を導入すると発表した。まず英国、フランス、ドイツの店舗で先行導入し、順次他の地域に拡大していく。これにより使い捨て廃棄物を削減する。  Cup-Shareプログラムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】アマゾン株主総会2021、ESG関連株主提案議案が11件。株主の議決権行使影響強まる

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは5月26日、定時株主総会を開催。11件の株主提案議案の採決を行った。いずれもESGに関するもの。最終的に反対票多数で否決されたが、中には44.2%の賛成票を集めた議案もあり、アマゾンにも着実に株主の議決権行使の影響が強まってきている。  11件の株主提案の内容は、全て、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】マクドナルド、マイノリティ経営の広告企業への投資を加速。マーケティングを通じたインクルージョン強化

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルド米国法人は5月20日、今後4年間で、アフリカ系、ヒスパニック系、アジア・太平洋諸国系、女性、LGBTQ等のマイノリティ経営の広告企業への投資を2倍以上に増やすと発表した。米広告代理店Boden Agency、Lopez Negrete、IW Group、Burrell Communications Group等と協働し、多様な顧客、従業員、地域コミュニティを同社マーケティングに反映する。  同社 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンク・オブ・アメリカ、アフリカ系米国人の構造的不平等解消で1400億円拠出

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米バンク・オブ・アメリカは5月24日、米ジョージア州スウィート・オーバーン歴史地区の地域活性を行うNGOスウィート・オーバーン・ワークス(SAW)の小売起業支援基金に50万米ドル(約5,500万円)を寄付すると発表した。同社は、人種に関する構造的な経済不平等の解消に向け5年間で12.5億米ドル(約1,400億円)を支援する宣言をしており、今回のアクションもその一環。  スウィート・オーバーン歴史地区は、公民権運動以前のア [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る