private 【国際】責任ある飲酒国際同盟、アルコール飲料オンライン販売に関するグローバル基準設定

Facebook Twitter Google+

 アルコール飲料企業の国際業界団体「責任ある飲酒国際同盟(IARD)」は5月26日、オンラインでのアルコール飲料販売に関するグローバル基準を発表した。今回発表の基準は、未成年飲酒や有害な飲酒防止が目的。  同基準を策定したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】LINE PlusとNuriFlex、中南米・アフリカ途上国で中央銀行発行デジタル通貨事業開始

Facebook Twitter Google+

 LINE子会社の韓国LINE Plusは5月27日、米ブロックチェーン決済NuriFlexと協働で、中南米やアフリカの発展途上国向けの中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)プラットフォームを構築すると発表した。韓国企業が、中南米・アフリカの金融プラットフォーム事業に進出するのは今回が初。  NuriFlexはすでに、カメルーンの公的健康保険制度「UHCプロジェクト」の主要テクノロジーパートナーとして参画しており、ブロックチェーン技術を [...]

» 続きを読む

【日本】改正障害者差別解消法、成立。事業者に障害者インクルージョン義務。3年以内に施行

Facebook Twitter Google+

 参議院は5月28日、改正障害者差別解消法案を可決。同改正法が成立した。同法は2016年4月に施行。障害者に対する不当な差別を禁止、合理的配慮を提供する努力義務規定を事業者に課していたが、今回の改正法で義務規定に修正。事業者の責務が重くなった。施行日は公布から3年以内と定められており、政府があらためて施行日を設定する。  障害者差別解消法は、企業やNGO等の事業者が、顧客等の障害者を不当に扱うことを禁止するもの。従業員に対しては、障害 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】ハーグ地裁、シェルにCO2の2030年45%減を命令。NGO提訴。生存権侵害

Facebook Twitter Google+

 オランダのハーグ地方裁判所は5月26日、環境NGOのFriends of the Earth(FoE)のオランダ支部Milieudefensie等がロイヤル・ダッチ・シェルを相手取り訴訟した気候変動裁判で、環境NGO側勝利の判決を下した。パリ協定に基づく1.5℃目標を達成するために、2030年までに二酸化炭素排出量を2019年比45%以上削減することを命令した。同様の判決は世界的にも異例だが、今後の欧州での裁判に影響を与えるとの見方 [...]

» 続きを読む

private 【国際】HSBC、WRI、WWF、気候ソリューションの事業化拡大で連携。アジアでの再エネ拡大も

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手英HSBC、国際環境NGO世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)の3者は5月20日、気候変動対策での新たな技術やプロジェクトへの支援を拡大するためのパートナーシップを締結すると発表した。ビジネス・イノベーション、自然を軸としたソリューション(NbS)支援、アジア地域での再生可能エネルギーへのエネルギー転換イニシアチブの3領域で連携する。  HSBCは2020年10月、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ペプシコとペプシコ財団、アジア系米国人向けに1.1億円寄付。ヘイトクライム被害

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ペプシコとペプシコ財団は5月21日、アジア系米国人コミュニティに対し、総額100万米ドル(約1.1億円)を寄付すると発表した。アジア系米国人は、新型コロナウイルス・パンデミック後にヘイトクライムの被害も受けており、今回、アジアン・アメリカン・ビジネス・デベロップメント・センター(AABDC)、全米レストラン協会教育財団(NRAEF)、アジアンアメリカン財団(TAAF)等を通じて支援を行った。 【参考】【アメリカ】上院、 [...]

» 続きを読む

private 【アジア・オセアニア】ADB、2050頃までに石炭火力を段階的廃止の方針案提示。原子力も投資禁止

Facebook Twitter Google+

 アジア開発銀行(ADB)は5月7日、ADBのファイナンス事業に関する「エネルギー方針案」を公表した。パブリックコメントを募集し、エネルギー方針を最終化する。その中で、21世紀半ばまでの石炭火力発電の段階的廃止を打ち出したことが注目を集めている。  今回のエネルギー方針は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】IMF、加盟国サーベイランス観点に「経済サステナビリティ」導入で合意。気候変動や不平等など

Facebook Twitter Google+

 国際通貨基金(IMF)理事会は5月10日、IMF加盟国の経済状況や金融政策を評価するサーベイランス(政策監視)制度の2021年度の包括的レビュー(CSR)を採択した。今後5年間から10年間のIMRサーベイランスの重要方針が決定した。  理事会では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、将来危機に備えた産業戦略発表。中小企業支援やEU非加盟国からの補助金規制強化も

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は5月5日、EUの産業政策「2020年産業戦略」を改訂した。新型コロナウイルス・パンデミックでの混乱の反省から、将来の危機に備え、重要物資や人、サービスの域内移動の自由を確保するとともに、中小企業支援で発動する政策を先んじて固める内容を盛り込んだ。また、レベルプレイイングフィールド確保の観点から、EU非加盟国からのEU域内企業への補助金提供に関する規制を強化する方向性を打ち出した。  今回の戦略改訂では、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る