Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】カーギルとCARE、3年間の提携継続を発表。未開発地域でのコミュニティ開発を実施

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手カーギルは3月9日、国際人権NGOのCAREとの協働プロジェクトに対し2020年までに700万米ドル(約7.8億円)を投じることを発表した。カーギルとCAREの協働関係は過去50年以上の歴史があり、2008年からはカーギルがCAREに対して資金を提供するプロジェクトを実施し、すでに1,800万米ドル(約20億円)が拠出された。カーギルとCAREは協働関係を今後3年間継続する契約を交わし、世界の未開発地域で100万人に対し [...]

» 続きを読む
2017/03/23 最新ニュース

【ノルウェー】ストアブランドとKLP、米ダコタ・アクセス・パイプラインからのダイベストメント決定

Facebook Twitter Google+

 ノルウェーの金融機関大手ストアブランドと同国保険会社最大手および資産運用会社大手のKLPは3月、米国で社会問題となっている石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」に関係する企業からのダイベストメント(投資引揚げ)を決定したと発表した。 【参考】機関投資家100社以上、ダコタ・アクセス・パイプライン建設に懸念表明。関与銀行に対応を要求(2017年2月20日)  まずストアブランドは3月1日、「ダコタ・アクセス・パイプライン」 [...]

» 続きを読む
2017/03/16 最新ニュース

【国際】携帯通信業界団体GSMA、人道支援にビッグデータを活用するイニシアチブ発表。NTTドコモとKDDIも参加

Facebook Twitter Google+

 国際的な携帯通信事業者業界団体GSMAは2月27日、感染症や自然災害など災害発生時に携帯通信事業者が保有するビッグデータを活用し人道支援に役立てるイニシアチブ 「Big Data for Social Good」を開始することを発表した。災害時に人々の動きを追跡することで、公共の保健機関が感染症の拡大を防止することや、救援物資を的確に送付に役立てる。  GSMAには世界300社が加盟しているが、今回のイニシアチブは16社が率先して進 [...]

» 続きを読む
2017/03/13 最新ニュース

【国際】FAO、気候変動を前に農業危機の見通しを表明。特に途上国の小規模農家が深刻

Facebook Twitter Google+

 FAO(国連食糧農業機関)のホセ・グラツィアーノ・ダ・シルバ事務局長は2月13日、気候変動に直面する農業危機の危険性を訴えた。気候変動を抑止する手を今打たなければ、これまで世界市民が続けてきた飢餓や貧困への努力が無に帰してしまうと警鐘を鳴らしている。とりわけ気候変動による影響を受けやいのは発展途上国の小規模農家だとし、発展途上国の小規模農家が気候変動に対応できるよう支援することが必要となるという見解を示した。  農業では気象情報が不 [...]

» 続きを読む
2017/03/12 最新ニュース

【日本】SDGsの好事例。ヤマト運輸報道で注目集まる宅配ボックス。パナソニックが新モデルを投入

Facebook Twitter Google+

 運送事業の苦境が一斉にクローズアップされるようになってきた。今月始め宅配大手ヤマト運輸が27年ぶりに運送費を全面的に値上げする検討に入ったことが伝わると、続いて日本郵便や佐川急便も対象を大手法人顧客に絞りつつも値上げの検討に入ったと報じられた。苦境の原因は、Eコマースの普及で取り扱う荷物が急増しているのと同時に、人手不足からくるドライバーの人件費高騰により、ドライバーの人手が獲得できなくなっていることにある。根本的な解決のためには、 [...]

» 続きを読む
2017/03/12 最新ニュース

【国際】責任ある雲母イニシアチブ発足。ロレアルなど欧米中韓印の化粧品や電気電子企業が参画

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手ロレアルは2月22日、インドでの雲母(マイカ)採掘に児童労働が関与している問題の解決を目指す「責任ある雲母イニシアチブ(Responsible Mica Initiative)」の創設メンバーとして参加したと発表した。同イニシアチブは、2016年2月にインド・デリーで開催された雲母採掘会議をきっかけに発足。官民からの資金提供を受け、インドの雲母採掘産業の健全化に向け5年間の活動を行う。  雲母は、塗料、電材、化粧品、切 [...]

» 続きを読む
2017/03/11 最新ニュース

【イギリス】ブリティッシュ・カウンシル、国連機関と共同でアジア太平洋地域の社会企業を支援

Facebook Twitter Google+

 英国政府の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルは2月27日、国連経済社会理事会(ECOSOC)の下部機構である5つの地域委員会の一つ、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)と共同で、アジア太平洋地域における社会企業や社会インパクト投資を推進していくことで合意した。今後、両者は、アジア太平洋地域の政府関係者や他の関係者らとともに、社会企業や社会インパクト投資を推進していくための方法を検討していく。  社会企業は、社会や環境の改 [...]

» 続きを読む
2017/03/08 最新ニュース

【アメリカ】IBM、途上国向けの災害通知アプリを開発。現地での早期災害対応に期待

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMと同社子会社で気象情報大手Weather Companyは2月15日、通信網が脆弱な発展途上国向けにスマートフォン用気象警報技術「メッシュ・ネットワーク警報」を開発したと発表した。今回開発したのは、通信網に接続していないスマートフォン端末にも異常気象や自然災害情報などを通知できる新たな技術。これにより通信網が脆弱な地域でも天変地異時に事前や事後の早期対応が可能となる。  一般的に災害情報の通知は、政府機関などがイン [...]

» 続きを読む
2017/03/03 最新ニュース

【インド】大気汚染での死亡者数、中国を抜き世界最多に。対策が急務

Facebook Twitter Google+

 最新の統計調査によると、大気汚染を原因とする国別死亡者数で、インドがついに中国を上回り、世界最悪の大気汚染国家となったことがわかった。中国では、政府の大規模規制強化により、大気汚染問題での改善が見られてきいるが、インドでは大気汚染がますます深刻化している。中国が2013年に調査したデータでは、大気汚染の一因であるPM2.5の主要排出源について多い順に、原料炭(製鉄等)、交通、家庭等での木材などの燃焼、非石炭鉱物、一般炭(石炭火力発電 [...]

» 続きを読む
2017/03/01 最新ニュース

【オランダ】Booking.com、サステナブル・ツーリズム起業家支援プログラムを発表。最大6,400万円の賞金も

Facebook Twitter Google+

 宿泊予約世界大手オランダのBooking.comは2月6日、持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の推進を目的とする起業家支援プログラム「Booking.com Booster」を立ち上げたと発表した。  対象テーマは、環境保護、文化・歴史保護、地域経済とコミュニティ発展の3分野。プログラムへの応募は国籍問わず誰でも可能。応募チームの中から約10社のチームが選ばれ、今年6月にアムステルダムで開催される3週間のイベントに招待される [...]

» 続きを読む
2017/03/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る