【フランス】BNPパリバ、米民間刑務所サービス事業者へのファイナンス禁止。移民収容問題で

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは7月12日、米民間刑務所サービス事業者へのファイナンスを禁止したと発表した。同様の方針を発表した米国外金融機関は同社が初。既存の融資契約には影響を与えない。  現在、米国ではトランプ政権の不法移民収容政策によって、収容施設で人権侵害とも見られる劣悪な生活環境におかれていると問題となっている。

» 続きを読む

【国際】金融安定理事会、G-SIBsへのTLAC規制導入の状況報告書発表。政府・金融機関ともに進展

Facebook Twitter Google+

 金融安定理事会(FSB)は7月2日、「総損失吸収力(TLAC)」規制の対象となっているグローバルなシステム上重要な銀行(G-SIBs)に関し、各国政府及びG-SIBsの規制状況を分析した結果を発表した。総評として、各国政府と銀行自身の双方で大きな進展があったとした。全てのG-SIBsがTLAC基準をクリアしていた。  世界にG-SIBsに指定されている銀行もしくは金融持株会社は約30社。日本企業では三菱UFJフィナンシャル・グループ [...]

» 続きを読む

【国際】ILO、世界の所得格差分析。発展途上国と先進国の格差縮小。一方、国内の格差は拡大

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は7月4日、世界の所得不平等状況を分析したレポートを発表した。世界の所得不平等は、データ分析を始めた2004年以降減少しているが、要因は中国やインド等の巨大新興国の経済発展にあり、国内での所得格差はむしろ拡大しているとした。ミドルクラスの所得シェアが44.8%から43%に減少する一方、上位20%層の所得シェアが51.3%から53.5%に伸長していた。  富裕層に所得が集中する傾向は、米国、英国、ドイツ、イタリア [...]

» 続きを読む

【国際】WHOとUNICEF、水と衛生に関する進捗と現状課題のレポート発表。質の面で課題大きい

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)と国連児童基金(UNICEF)は6月20日、2000年から2017年までの水及び衛生に関する進捗レポートを共同で発表した。依然として、世界22億人が安全に処理された飲料水へのアクセスがなく、42億人は安全な衛生施設にアクセスできない状態にあると課題を示した。手洗い場についても30億人がアクセスできていないと算出した。  今回のレポートでは、過去17年間に量の面では、世界21億人が水や衛生へのアクセスが改善されて [...]

» 続きを読む

【国際】国連、国別平和・治安ランキング2019発表。気候変動による災害リスクは日本がワースト2

Facebook Twitter Google+

 国連人道問題調整事務所(OCHA)は6月12日、平和と治安に関する国別ランキングの2019年版ランキング「Global Peace Index 2019(GPI 2019)」を発表した。首位アイスランド、2位ニュージーランド、3位ポルトガル、4位オーストリア、5位デンマークの順。アジア地域では、7位シンガポールがトップ。日本は9位で、昨年より順位を一つ下げた。  犯罪、紛争死亡者数、内戦情勢、武器へのアクセス、政治的テロ行為、暴力デ [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、障害者の住宅・雇用問題で新政策発表。新築住宅基準や傷病休暇制度改正を予定

Facebook Twitter Google+

 英テリーザ・メイ首相は6月25日、障害者が直面している社会障壁を撤廃していく新たな政策を発表した。障害者課題室を設置し、雇用、傷病休暇取得、住宅問題等を一元的に扱う。  住宅問題では、新築住宅における障害者対応基準等を策定し、障害者が暮らしやすい住環境を整備していく。これにより障害者対応された住宅がイングランドでは毎年30万戸できていくと期待されている。  疾病休暇取得では、法定疾病休暇に関する法令を改正し、職場への復帰を柔軟にした [...]

» 続きを読む

【ボツワナ】現地人権NGO、慣習法により児童の相続権が妨げられていると指摘。政府に対策要請

Facebook Twitter Google+

 ボツワナ人権NGOのボツワナ労働移民協会(BoLAMA)は6月19日、相続に関する慣習法が、児童の権利保護を妨げているとする見解を表明した。児童の権利については、児童の権利条約や各国の国内法で整備が進んでいるが、ボツワナ等のアフリカの地方では慣習法により児童の権利が保護されていないという問題を指摘した。  BoLAMAによると、嫡出子以外の庶子や、伝統的規範のもとで婚姻関係にある両親から生まれた子供に対しては、制定された近代法として [...]

» 続きを読む

【国際】ブルームバーグ・ニュー・エコノミー・フォーラム、社会課題解決のアイデア募集。選定者には手厚い支援

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米ブルームバーグ創業者マイケル・ブルームバーグ氏が2018年に発足した国際リーダーフォーラム「ニュー・エコノミー・フォーラム」は6月24日、世界中の起業家、企業経営者、学者、実務家に対し、貿易、テクノロジー、気候変動、金融市場、インクルージョン、都市化、世界ガバナンスの7部門に関する課題の解決に資するイノベーション・アイデア募集を開始した。  今回の募集では、各部門で一人ずつ選定され、2019年11月に北京で開催され [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、低中所得国での強靭なインフラへの投資拡大を提言。投資対効果400%

Facebook Twitter Google+

 世界銀行と世界銀行防災グローバルファシリティ(GFDRR)は6月19日、低中所得国での防災インフラへの投資対効果は1米ドルにつき4米ドルと試算した報告書を発表した。世界銀行は、道路や橋、発電所だけでなく、健康、教育、生活に関する質の高いインフラを含め「強靭なインフラ」と呼んでいる。今回の報告書は、「日本-世界銀行防災共同プログラム」の支援で実現した。  今日、世界のインフラ崩壊による企業の損失は年間3,000億米ドル(約32兆円)に [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、先進6ヶ国の老後資金備え状況分析。日本は15年分以上の資金不足

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は6月13日、米国、英国、カナダ、オランダ、オーストラリア、日本の6ヶ国について、老後の資産準備の状況を分析したレレポートを発表した。日本人は、他の5ヶ国に比べ、退職後の資産貯蓄が半分の4.5年分しかなく、さらに他国より寿命が長いことも考慮すると、男性で約15年、女性で約20年分の生活資金不足に陥ると発表した。  老後の資金不足については、各国政府は年金を用意する等で対応している。しかし、WEFは、 (さ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る