【アメリカ】フィリップモリス、2017年度にR&D予算の74%をスモークフリー製品に投入

Facebook Twitter Google+

 フィリップモリスインターナショナル(PMI)は5月15日、2017年度のサステナビリティ報告書を公表。その中で、同社の経営戦略「スモークフリー製品」への転換状況も情報開示した。同社は、「煙のない製品」を、社会的インパクトの適切な管理、環境フットプリントの削減、事業の成長の重要な柱と位置づけている。  同社は、2017年度、世界のR&D費用のうち74%を電子たばこ等のスモークフリー製品分野に投入。世界の事業予算の39%が同分野に投じら [...]

» 続きを読む

【国際】フェイスブック、不適切コンテンツに関する対策状況をまとめた同社初の報告書を発行

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米フェイスブックは5月15日、不適切コンテンツに関する対策状況をまとめた同社初の報告書を発行した。同社は4月、フェイスブック上のコンテンツ基準を正式に制定し公表。今回はその基準に基づき、同社が実施した内容を一早く世に知らせ、ユーザーに対応の当否の判断を仰いだ形。  フェイスブックが設定したコンテンツ基準「Community Standards」には、暴力、犯罪行為、安全、ヘイトスピーチ等の不快なもの、詐欺や誤解を与えるも [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、世界中の子供を対象とした健康プログラム発表。栄養改善と栄養教育

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは5月15日、世界中の子供を対象としたプログラム「Nestlé for Healthier Kids」を発表した。同プログラムは、健康的な食品と家庭の栄養教育を開発するためのもの。2030年までに5,000万人の子供を支援することを目標とする。  ネスレは以前から健康問題に取り組んでいる。2017年だけで子供の栄養需要を満たすために1,000商品を新規に発売。さらに66ヶ国で鉄分やビタミンA等必須微量栄養素 [...]

» 続きを読む

【国際】WELL認証のIWBI、専門家資格WELL AP取得者が71ヶ国5千人を突破

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディング認証団体米IWBI(International WELL Building Institute)は5月10日、WELL認証の専門家資格「WELL Accredited Professional(WELL AP)」の取得者数が71ヶ国5,000人を突破したと発表した。  WELL AP認証取得者には、設計士、デザイナー、ビジネスリーダー、WELL認証支援者等、幅広い関係者が取得している。今後、認証取得者のネットワーク団 [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバ、サステナビリティ配慮ブランドが売上全体の70%に伸長

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバは5月10日、同社のサステナビリティ戦略「サステナブル・リビング・プラン」の下で展開しているサステナビリティ配慮ブランド商品が、他ブランドより46%早く成長しており、売上全体の70%を占めるまでになったと発表した。同社は全商品でサステナビリティへの配慮を掲げているが、「サステナブル・リビング」ブランドは、それらをリードする商品群。同社は、サステナビリティへの取組が事業成長につながると自信を強めている。   [...]

» 続きを読む

【カナダ】オピオイド関連死が増加。政府は警告ステッカーの貼付を義務付け

Facebook Twitter Google+

 カナダは前例のないオピオイド危機に見舞われている。同国政府が公表したデータによると、2016年に「明らかなオピオイド関連死」として報告された事案が全国で2,946件発生した。内訳は、偶発的(非意図的)な死が2,593件(88.0%)、自殺が250件(8.5%)、不明が103件(3.5%)。中でも偶発的な死が966件(100,000人当たりの年間死亡率20.3)発生したブリティッシュ・コロンビア州では同年に「公衆衛生非常事態」を宣言し [...]

» 続きを読む

【アイルランド】フェイスブックとグーグル、中絶是非住民投票関連の広告表示をブロック

Facebook Twitter Google+

 フェイスブックは5月8日、同月25日に予定されているアイルランドの中絶合法化を問う住民投票に関し、投票への影響の恐れがある広告を同国内で表示することを全面的にブロックすると発表した。アイルランドでは、海外からの資金が政党や投票に影響を与えることを法律で禁止しているが、デジタル広告には明確な指針がなく、法律の抜け穴となっている。フェイスブックは、アイスランド国籍の個人や法人に対し海外から関連広告を表示することを自主的にブロックする。 [...]

» 続きを読む

【国際】食糧農業機関FAO、新たに13の世界農業遺産を登録。日本からも2件

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は4月19日、最近新たに登録された13の世界農業遺産(GIAHS)の公式祝賀会を実施した。GIAHSは、文化、景観、農業生物多様性等の保存価値が高く、長年継承され期待独自性農林水産業システムを登録する制度。今回の登録により、GIAHSは全部で50となった。GIAHSは、文字通りに訳すと「世界重要農業遺産システム」だが、日本では世界農業遺産と呼称されている。  今回登録されたのは中国、エジプト、日本、韓国、メ [...]

» 続きを読む

【EU】サイバーセキュリティ法「NIS指令」、重要な公共事業・IT事業者の義務的体制整備進む

Facebook Twitter Google+

 EU初となるサイバーセキュリティー法「ネットワークと情報システムのセキュリティに関する指令(NIS指令)」は5月9日、EU加盟国が国内法制化する期限を迎えた。同法は、欧州委員会が2016年7月6日に採択し、同年8月8日に発効している。  同指令は、主に3つの措置を決めた。まず、加盟国のNIS担当当局や情報セキュリティ・インシデント・チーム(CSIRT)等を通じたサイバーセキュリティ能力の向上。具体的には、各EU加盟国は、ネットワーク [...]

» 続きを読む

【国際】マスターカードとIFC、金融インクルージョンで提携。IFCが決済リスクを最大100%負担

Facebook Twitter Google+

   信販世界大手米マスターカードは4月26日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)と金融インクルージョンでのパートナーシップを締結した。新興国でのクレジットカード発行を両者で後押しする。  海外では銀行が与信を取りクレジットカードを発行することが多いが、新興国の金融機関の多くは、決済リスクに耐えられず、クレジットカード発行を渋っていた。今回の合意では、IFCが決済リスクを最大100%保証し、マスタカードの決済ネットワークへのアク [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る