【スウェーデン】H&M、ダウン製品のRDS認証100%を達成

Facebook Twitter Google+

 アパレル小売大手のH&Mは1月15日、同社の製品に使用するダウンを100%、Responsible Down Standard(RDS)認証済にするという目標を達成したと発表した。  RDSは、生きた鳥からの羽毛採取や強制的な餌付けなど、動物に対する不当な扱いを行っていない農場からとれた羽毛であることを保証する国際認証基準だ。その他にも、餌付けや畜舎の環境、動物が畜舎の外に出られる環境にあるかなど、動物福祉に関する複数の厳格な要件が [...]

» 続きを読む

【中国】中国紡織工業連合会、環境保護に向けた新たな展望を発表

Facebook Twitter Google+

 中国のアパレル産業が加盟する全国組織である中国紡織工業連合会は12月10日、北京で「2015年中国紡織服装業界CSR年次例会」を開催した。2015年は、同連合会が2006年の同年次例会開催から数え10周年にあたり、2005年から2015年までのアパレル業界の活動の総括を行った。  中国がアパレル産業における世界の工場となって以来、今やアパレル分野のサプライチェーンには中国企業が含まれているといっても過言ではなくなっている。中国の主力 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】H&M、持続可能なファッションの実現に向けた循環型のデニムを公表

Facebook Twitter Google+

 スウェーデンのアパレル大手H&Mが、9月からリサイクル・コットンで作られた新しい16タイプのデニムを導入する。このデニムは同社が展開するGarment Collecting Initiative(店舗における不要な衣料品の回収プログラム)によりH&Mの各店舗で回収された衣料品をリサイクルして製造したものだ。  ファッションにおける「クローズド・ループ(閉じられた循環)」を実現するという同社の目標達成に向けた新たな一歩となる。デニムは [...]

» 続きを読む

ラナプラザ崩壊事故

Facebook Twitter Google+

 2013年4月24日朝9時、バングラデシュの首都ダッカ北西約20kmにあるサバールで、8階建ての商業ビル「ラナプラザ」が崩壊しました。このビルには銀行や商店と共に、欧米の衣料品ブランドであるマンゴ、ベネトン、プライマークなど27のブランドを対象とする5つの縫製工場が入っており、この事故で1134人が死亡、330人が行方不明となりました。  ラナプラザは2007年、政府の許可ではなく地方自治体の発行する建築許可で、地元の有力政治家によ [...]

» 続きを読む
2015/08/24 辞書

【アメリカ】リーバイス、古着リサイクルの取り組みを米国内の全店舗に拡大

Facebook Twitter Google+

 米ジーンズメーカー大手のLevi Strauss & Co(以下、リーバイス)は7月21日、それまで米国の一部店舗で進めてきた使用済み自社製品の回収、リサイクルの取り組みを米国内の全店舗に拡大すると発表した。リーバイスの服や靴を最寄りの店舗(直営店およびアウトレット店)の回収ボックスに持ち込むと、定価の商品1点が20%オフになるクーポンをもらえる仕組みだ。  この取り組みと連動して、米国内の全てのリーバイス直営店では8月28日まで毎 [...]

» 続きを読む

【国際】グリーンピース、有害物質除去に取り組むアパレル企業ランキングを公表

Facebook Twitter Google+

 グリーンピース・イースト・アジアは3月19日、大手アパレル企業らによるサプライチェーンにおける有害物質除去・水質汚染対策への取り組み状況を評価したオンラインプラットフォーム、"Detox Catwalk(デトックス・キャットウォーク)"を公表した。  ZARAを運営するインディテックス、ユニクロのファーストリテイリング、アディダス、バーバリー、プーマ、H&MらがDetox Leaders(デトックス・リーダー)の称号を得た一方で、中 [...]

» 続きを読む

【バングラデシュ】ベネトン、ラナ・プラザビル崩壊事故の被害者支援プログラム第2弾を開始

Facebook Twitter Google+

2013年4月に起こったバングラデシュの首都ダッカ近郊にあるラナ・プラザビルの崩落事故は、死者1100人以上、負傷者2,500人以上の大惨事となった。同ビルは違法建築で事故前日にも亀裂が指摘されていたにもかかわらず、工場経営者が労働者を働かせていたことが事故の原因とみられている。ビルには、ベネトン(イタリア)やプリマーク(英国)などの大手アパレルブランドが入っていたため、これらのブランドは発注元としての責任を追及されていた。 こうした [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GAPのブランドOld Navy、女性向けプラスサイズジーンズの価格設定が批判の的に

Facebook Twitter Google+

米国アパレル大手のGAPが展開するブランド”Old Navy”が、同ブランドの販売していた女性用プラスサイズ商品の価格が過剰に高く設定されているとして消費者らから批判を浴びていた問題で、批判者らはOld Navy側から一定の譲歩を勝ち取った。 Old Navyは価格自体の変更は表明していないものの、既に12月初旬からオンラインで販売されていたプラスサイズ商品の店頭での返金受付を開始している。それまでは、返品を希望する購入者は商品を返送 [...]

» 続きを読む

【中国】服飾産業、サステナビリティに向けての取組加速、ウォルマートもサポート

Facebook Twitter Google+

中国の服飾産業もサステナビリティの取り組みを加速化している。世界の小売大手や大手メーカーが結集する連合体「サステナビリティ・コンソーシアム」(TSC)は6月11日、南京大学及び蘇州市呉江区環境保全局とともに、江蘇省蘇州市において持続可能な製品に関する実践セミナーを実施した。蘇州市呉江環境局の副局長、江蘇省環境科学研究院の専門家、印染、製衣、紡績等サプライチェーンの製造企業など、60名あまりの代表者がセミナーに参加した。 中国は紡績品衣 [...]

» 続きを読む

【デンマーク】世界最大のサステナブル・アパレル祭典の今年のテーマは「具体的な解決策の推進」

Facebook Twitter Google+

世界のアパレル業界各社が集う世界最大の業界横断サステナビリティフォーラム「Copenhagen Fashion Summit」が4月24日にコペンハーゲンで開催される。2年に一度開催される同イベントで、今年のテーマは「サステナビリティのソリューション」。今年はかつてないほどにソリューションに大きな焦点を当て、ラグジュアリーグループとしてグローバルで名高いKeringからファストファッションの雄であるH&Mが「ソリューション」に [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る