【日本】金融庁、ソーシャルレンディング投資に注意喚起。すでに登録取消や業務停止も多数

Facebook Twitter Google+

 金融庁は3月27日、ソーシャルレンディングへの投資に対する注意を呼びかけた。登録を受けていない業者の募集は、詐欺商法である可能性が高いと警鐘を鳴らした。  ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)とは、新規・成長企業等と投資家をインターネット経由でマッチングし、多数の投資家から少額ずつ集めた資金を企業に融資する仕組み。金融庁によると、ソーシャルレンディングの仲介者は、ファンド持分の募集又は私募の取扱い等に該当。金融商品 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る