【アメリカ】JPモルガン・チェース、オピオイド問題でパーデュー・ファーマとの取引停止

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米JPモルガン・チェースは5月23日、オピオイド系鎮痛剤「オキシコンチン」を開発したパーデュー・ファーマとの取引を停止したことを明らかにした。オキシコンチンでは、乱用や過剰摂取により死亡者数が急増したことが社会問題となっており、パーデュー・ファーマは、多数の訴訟も抱えている。JPモルガン・チェースは、レピュテーションリスクや信用リスクの観点から取引停止を決めた。 【参考】【国際】オピオイド大手パーデュー・ファーマのサック [...]

» 続きを読む

【国際】オピオイド大手パーデュー・ファーマのサックラー家、美術館からの寄付金拒否相次ぐ

Facebook Twitter Google+

 米グッゲンハイム美術館は3月、オピオイド系鎮痛剤「オキシコンチン」を開発したパーデュー・ファーマ創業家「サックラー家」との関係を全て絶ったと発表。英ナショナル・ポートレート・ギャラリーも、サックラー家が運営するサックラー財団からの寄付金100万ポンド(約1億4,600万円)を拒否し、英テートも同様に寄付金を断ったという。  オピオイドは、中枢神経や末梢神経に存在する特異的受容体(オピオイド受容体)への結合を介してモルヒネに類似した作 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る