private 【食品・消費財】組織変革に寄与するサステナビリティ 〜ユニリーバに学ぶ長期成長戦略とは〜

Facebook Twitter Google+

 オランダのマーガリンメーカーのマーガリン・ユニ社とイギリスの石鹸メーカーのリーバ・ブラザーズ社が経営統合し、設立されたユニリーバ社。現在は業界だけでなく世界を代表する企業の一社となるまで成長し、ブランド力はもちろんのこと、サステナビリティの観点でも世界をリードする企業となっています。今回はそんな同社がサステナビリティ活動を核とした経営の実施にいたった背景や、実際の活動内容、そしてその効果に迫ります。 サステナビリティに仇なす存在と考 [...]

» 続きを読む
2015/07/29 事例を見る

【アメリカ】グーグル、石炭火力発電所を100%再生可能エネルギーのデータセンターに移行

Facebook Twitter Google+

 米IT大手のグーグルは6月24日、米国アラバマ州に100%再生可能エネルギーのデータセンターを設立すると発表した。グーグルはこれまで米国アイオワ州、ジョージア州、シンガポール、ベルギーへと自社データセンターを拡大させてきたが、世界で14番目となる今回のデータセンターはその中でも特に画期的なプロジェクトとして話題を呼んでいる。なぜなら、この新しいデータセンターは間もなく閉鎖予定のウィドウズクリーク石炭火力発電所の跡地に建設される予定だ [...]

» 続きを読む

【イギリス】M&Sエナジー、40万ポンドのコミュニティエネルギーファンドを創設

Facebook Twitter Google+

 英国小売大手のマークス&スペンサー(以下、M&S)のエネルギー子会社、M&Sエナジーは7月1日、英国内の各地域における再生可能エネルギープロジェクトの推進および技術支援に向けて40万ポンド(約7700億円)規模のM&Sコミュニティエネルギーファンドを設立したと発表した。  同ファンドには地域のエネルギー関連団体、スポーツクラブ、図書館、学校、環境保全団体など、英国内で再生可能エネルギー開発を推進する非営利組織であればどんな組織でも応 [...]

» 続きを読む

【国際】IRENA、世界の再生可能エネルギー情報にアクセスできるスマホアプリを公開

Facebook Twitter Google+

 世界の再生可能エネルギーを推進するInternational Renewable Energy Agency(国際再生可能エネルギー機関、以下IRENA)は6月16日、世界中の再生可能エネルギーに関する情報に無料でアクセスすることができるスマートフォンアプリ、"The Global Atlas pocket"を公表した。  同アプリはIRENAが提供しているオンラインポータル、Global Atlas portalのモバイルバージョ [...]

» 続きを読む

【フランス】新建造物の屋上に植物またはソーラーパネルの設置を義務化

Facebook Twitter Google+

 今年12月のCOP21の開催地でもあるフランスが、気候変動対策の一環として画期的な法整備が進んでいる。フランス議会は今年の3月、商業エリアにおいて新たに建造物を建築する場合、屋上部分の一部に植物またはソーラーパネルの設置を義務づける新たな法案を通過させた。  屋上の緑化は遮熱・断熱効果をもたらし、夏の冷房や冬の暖房に必要なエネルギーを削減することができるほか、都市部のヒートアイランド現象抑制にもつながる。また、植物が雨をため込むこと [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】イケア、気候変動対策に10億ユーロを投資へ

Facebook Twitter Google+

 家具大手のイケア・グループとイケア財団は6月4日、低炭素経済への転換および気候変動リスクの高い地域の支援を目的して、気候変動対策に合計10億ユーロを投資するという大胆な目標を発表した。イケア・グループは6億ユーロを再生可能エネルギーに投資し、イケア財団は気候変動の影響を最も受ける地域に4億ユーロを支援する。  イケア・グループは2009年以降、風力、太陽光発電に15億ユーロの投資を行ってきたが、今回発表された再生可能エネルギーへの6 [...]

» 続きを読む

【日本】ブルームバーグ、温室効果ガス26%削減に向けた政府のシナリオと現状との矛盾を指摘

Facebook Twitter Google+

 ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は6月2日、日本政府による温室効果ガス排出削減目標の発表を受け、日本の現在のエネルギー事情を分析したレポート"Japan’s likely 2030 energy mix: more gas and solar"を発表した。BNEFはレポートの中で、日本政府が発表した2030年までの温室効果ガス排出量を2013年比で26%削減という目標自体は現実的だが、政府が提示した目標達成 [...]

» 続きを読む

【国際】サンタンデール銀行、カナダの年金基金と共同でサステナビリティ投資会社を設立

Facebook Twitter Google+

 スペイン銀行大手のサンタンデール銀行(以下、サンタンデール)は5月28日、カナダ最大の年金ファンド、オンタリオ州教職員年金基金およびPSPインベストメンツとともに、世界の再生可能エネルギーおよび水インフラへの投資・運用に特化したサステナビリティ投資会社、Cubico Sustainable Investments(以下、Cubico)を設立したと発表した。  今後、Cubicoは世界最大の再生可能エネルギー・水インフラへの投資会社に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】リーバイス、GAPら、カリフォルニアの気候変動対策規制SB350への支持を表明

Facebook Twitter Google+

 米国カルフォルニア州で事業を展開している24の企業らは5月24日、深刻な水不足などに悩む同州が気候変動対策の一環として掲げた法規制、SB350に対する支持を表明した。"Golden State Standards 50-50-50"と呼ばれる同規制は、2030年までに再生可能エネルギー比率を現在の35%から50%に増加、石油の使用を50%削減、建造物のエネルギー効率を50%向上を目指すもので、今回支持を表明した企業の中にはリーバイス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、グーグル、フェイスブック、ノースカロライナ州のエネルギー政策方針に反対を表明

Facebook Twitter Google+

 IT大手のアップル、グーグル、フェイスブックの3社は5月29日、米国ノースカロライナ州の議員らに対し、同州の再生可能エネルギーおよびエネルギー効率化政策の改変を目的とする下院の法案332に反対する書面を提出した。  同法案は現行のRenewable Energy & Energy Efficiency Portfolio Standard(再生可能エネルギー・エネルギー効率化割合基準、以下REPS)の修正案を盛り込んだもので、アップ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る