【エネルギー】世界各国の発電供給量割合[2019年版](火力・水力・原子力・再生可能エネルギー)

Facebook Twitter Google+

世界の発電供給量割合  こちらの図は、国際エネルギー機関(IEA)が公表している最新データベース「Key World Energy Statistics 2019」をもとに、2017年のデータをまとめたものです。こちらのデータにより各国の状況を横並びで比較することができます。 (出所)IEA "Key World Energy Statistics 2019"をもとにニューラル作成 世界全体の発電手法(2017年) 石炭   :38. [...]

» 続きを読む
2020/04/03 体系的に学ぶ

private 【日本】経産省、再生可能エネルギー調達の手法まとめたガイダンス改訂。熱エネルギーも解説

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は3月31日、国際的な気候変動関連イニシアチブに向けた二酸化炭素排出量算出や再生可能エネルギー主張のための手法をまとめた「国際的な気候変動イニシアティブへの対応に関するガイダンス」を改訂した。初版は2019年3月に発行していた。  今回の主な変更点は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】新型コロナによる投資リターン、最も下落幅が小さく優良だったのは再エネ投資

Facebook Twitter Google+

 英国の金融関係の業界団体は3月18日、新型コロナウイルス・パンデミック発生後の分野別の投資リターンの下落幅を分析。最も下落したのはアジア・太平洋地域で、最も下落幅が小さくダメージが少なかったのは再生可能エネルギー・インフラへの投資だった。  今回の分析は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】シャネル、2025年までに再エネ100%。サプライチェーンでもCO2削減目標設定

Facebook Twitter Google+

 高級アパレル世界大手仏シャネルは3月10日、長期的な気候変動戦略「シャネル・ミッション1.5」を発表した。パリ協定で定められた1.5℃目標と整合性のある形で2030年目標を設定した。シャネルは2019年の時点で、すでにカーボンオフセットを通じて二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現しているが、排出量そのものを削減しにいく。  今回の戦略では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】アマゾン、再エネ300MW新設発表。2040年カーボンニュートラル実現に向け

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは3月12日、4ヵ国で合計300MWの再生可能エネルギー新設プロジェクトを発表した。同社は事業電力を2024年までに再生可能エネルギー80%、2030年までに100%にし、2040年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にする目標を掲げている。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IEA「新型コロナ局面でも再エネ移行継続せよ」。気候変動リスク対応は必要なまま

Facebook Twitter Google+

 国際エネルギー機関(IEA)は3月14日、新型コロナウイルス・パンデミックにより、化石燃料価格が大幅に下落している現状でも、気候変動リスク対策を進めるため、化石燃料から再生可能エネルギーへのシフトを続ける必要があるとの声明を発表した。  今回の声明は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スペイン】独RWEとスペインSaitec、新型浮体式洋上風力発電の実証事業開始。2MW

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEの再生可能エネルギー子会社RWE Renewablesと、スペイン重工業大手Saitecの洋上風力発電子会社Saitec Offshore Technologiesは2月24日、新方式の浮体式洋上風力発電の実証実験プロジェクト「DemoSATH」を開始した。設備容量は2MW。系統接続は2021年秋を予定している。  今回の方式は、 (さらに…)

» 続きを読む
2020/03/15 最新ニュース

private 【国際】2030年までに世界全体で再エネ価格が石炭火力を下回る。英シンクタンク発表

Facebook Twitter Google+

 英シンクタンクNは3月12日、再生可能エネルギー電力が、新設石炭火力発電及び既存の石炭火力発電よりも安くなるタイミングを地域別分析したレポートを発表した。その結果、日本を含む世界で石炭火力発電の投資65兆円が無駄になると算出した。  今回の分析は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ベトナム】政府、将来電源の優先順位決定。風力が最優先。石炭火力は優先順位ランク外

Facebook Twitter Google+

  ベトナム工商省(MOIT)が、将来の電源計画について優先順位を定める決定してをしていたことがわかった。風力発電、ごみ発電(但し環境基準に配慮)、バイオマス発電の優先順位を高いとする一方、日本政府が輸出に邁進する石炭火力発電所は優先電源に入らなかった。  今回の決定は、MOITが1月22日に決定した「決議No.329」。同決定は、「電力プロジェクト計画を調整・補完する原則及び命令」を発行することを決めた。その中で、将来電源の優先順位 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る