private 【国際】アマゾン、Climate Pledge加盟企業が105社まで増。2040年カーボンニュートラル

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手アマゾンと国連気候変動枠組条約事務局のクリスティナ・フィゲレス前事務局長が創設したGlobal Optimismは4月21日、両者が発足した二酸化炭素ネット排出量を2040年までにゼロにする自主的誓約「Climate Pledge」への加盟企業が100社を超え、105社になったと発表した。 【参考】【アメリカ】アマゾン、2040年までのCO2ゼロ誓約イニシアチブ「Climate Pledge」発足。自ら第1号署名(201 [...]

» 続きを読む

private 【日本】花王、調達電力100%再エネ移行の目標年前倒し。世界全体で2025年、日本は2023年

Facebook Twitter Google+

 花王は4月15日、購入電力の100%再生可能エネルギー移行目標の達成年の前倒しを発表した。これまで、2030年までに世界全体、2025年までに日本としてきたが、世界全体は2025年、日本は2023年に達成すると目標年を繰り上げた。  同社は2019年4月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GE、SF6フリー送配電インフラ設備で日立ABBと連携。風力市場も積極攻勢

Facebook Twitter Google+

 総合電機世界大手米GEは、カーボンニュートラル型の事業転換を加速させてきている。4月21日には、高電圧機器向けの六フッ化硫黄(SF6)ガスの代替ガス活用で、日立ABBパワーグリッドとの間でクロスライセンス契約を締結。インドでは大規模風力発電所での風力発電機の大量受注を決めた。  SF6は、50年ほど前から高圧の送配電インフラにおいて、ガス絶縁開閉装置で一般的に使用されてきた。しかしSF6は、温室効果ガスの一つでもあり、漏出したり、誤 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ハイネケン、2040年までにスコープ3含むカーボンニュートラルに目標引き上げ

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手蘭ハイネケンは4月15日、同社のサステナビリティ戦略「Brewing a Better World」を改訂し、2030年までに自社事業で、2040年までにバリューチェーン全体で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成する目標を発表した。国連の気候変動キャンペーン「Race to Zero」と事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」にも加盟する。  同社は2月 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Jパワー、バージニア州の石炭火力発電を廃止。太陽光発電所に転換

Facebook Twitter Google+

 電源開発(Jパワー)の米国現地法人J-POWER USA Development(JPUSA)と米投資会社Fortress Investment Groupは3月31日、2021年月3月に閉鎖した米バージニア州のバーチウッド石炭火力発電所の跡地を、蓄電設備付きの太陽光発電所に転換するプロジェクトで合意したと発表した。  同発電所は、JPUSAが2007年に出資し、JPUSAと米GEが権益の50%ずつを保有する石炭火力発電所だった。設 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ペイパル、2040年カーボンニュートラル宣言。2023年までにデータセンター100%再エネ

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米ペイパル・ホールディングスは4月6日、2040年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にする目標を発表した。2023年までにデータセンターの電力を100%再生可能エネルギーに転換する。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】サンスター、2030年環境目標発表。再エネ100%、バイオプラ・再生プラ比率を50%等

Facebook Twitter Google+

 サンスターは3月26日、2030年の新たな環境中長期目標を発表した。二酸化炭素排出量やプラスチック容器・包装に関し、具体的な定量目標を設定した。また日本国内では、コアタイムなしのフルフレックス勤務制度を正式施行することも伝えた。  今回設定した2030年環境目標は、 容器・包装プラスチックでの植物由来のバイオプラスチックもしくは再生プラスチックの使用比率を50% 使い終わった容器・包装材におけるリサイクルまたは再利用可能な材料比率を [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】テスコ、COP26に向け新たな気候変動目標発表。世界で再エネ100%、輸送車両EV化100%、代替肉売上4倍等

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月24日、第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に先立ち、同社の新たな気候変動コミットメント「気候変動対策マニフェスト」を発表。二酸化炭素絶対排出量の削減、英国での輸送のEV化、食品廃棄物を含む廃棄物の削減、消費者の健康で持続可能な食事、持続可能な食品生産の5分野に注力する。  二酸化炭素排出量の削減では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】経産省、非FIT非化石証書のRE100適合性を明記したガイダンスを改定発行

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は3月31日、スコープ2の二酸化炭素排出量に関する国際ガイドラインと日本の証書制度の整合性を示した「国際的な気候変動イニシアティブへの対応に関するガイダンス」を改定した。新たに非FIT非化石証書の発行が開始されたことに伴い、国際ガイドラインとの位置付けを示した。  同ガイダンスでは、CDP、科学的根拠に基づく削減目標イニシアチブ(SBTi)、RE100という3つの国際ガイドラインと、日本の証書制度との整合性を示している。経 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る