【日本】改正水道法、成立。都道府県の広域連携推進努力義務やコンセッション方式解禁を規定

Facebook Twitter Google+

 衆議院は12月6日、水道施設に運営権を民間事業者に設定できる方式「コンセッション方式」の解禁や、都道府県に対し水道事業運営の広域連携推進を努力義務化する改正水道法を可決し、同法が成立した。参議院は12月5日に可決した。水道法の目的を「水道の計画的な整備」から「水道の基盤の強化」に変更するとともに、国、都道府県、市町村、水道事業者等に対し、「水道の基盤の強化」に関する責務を規定した。  同法案提出においては、理由として、「人口減少に伴 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】政府水道局、サウジアラビアやオーストラリア水道事業者と提携

Facebook Twitter Google+

 シンガポール国立水道局(National Water Agency)は7月18日、サウジアラビアと豪西オーストラリア州の水道事業者とそれぞれ覚書(MOU)を締結した。水道システムに関する知見の供給、水供給の能力開発、研究開発や技術開発を協働で行う。両機関間での従業員交流も進める。  覚書を締結したのは、サウジアラビアの国営水道企業Saline Water Conversion Corporation(SWCC)と西オーストラリア州の [...]

» 続きを読む

【イギリス】アリアンツ、HICL、DIFの3社、英国水道事業会社大手を買収

Facebook Twitter Google+

 英国水道会社Affinity Waterは5月2日、ドイツ保険大手アリアンツの投資会社アリアンツ・キャピタル・パートナーズ、英インフラ投資会社HICL Infrastructure Company、オランダのインフラ投資会社DIFの3社で構成するグループに買収されることになったと発表した。同社は、ロンドン大都市圏北西部など英国内3地域で水道事業を運営する企業。  Affinity Waterは、水道事業世界大手フランスのヴェオリア・ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る