【台湾】史上最大の雨不足危機。苗栗県、台中県、彰化県北部地区では強制節水開始

Facebook Twitter Google+

 台湾経済部は3月20日、台湾では2021年に史上最悪の雨不足に陥っていると発表。貯水池の水位の低下により沈泥と砂が露出。今後の水不足に備え、大規模な浚渫工事を開始した。しかし、その後も雨不足は続き、経済部は3月24日、苗栗県、台中県、彰化県北部地区ではすでに危機レベル「オレンジ」が発令されている。4月6日からは、非常事態を示す「赤信号」を発令し、15%の節水を実施することを決めた。  台湾経済部は、水不足を解消するため、数回に渡り、 [...]

» 続きを読む

private 【台湾】経済部、2019年再エネ固定買取価格決定。洋上風力は原案から引き下げ幅を縮小

Facebook Twitter Google+

 台湾経済部は1月30日、2019年の再生可能エネルギー固定買取価格を決定した。洋上風力発電の固定買取価格は、2018年11月の原案発表時には大幅に低下するとしていたが、今回引き下げ幅が縮小され、緩やかな引き下げに修正された。 【参考】【台湾】GWEC、台湾政府の洋上風力FIT価格大幅に引下げに反発。産業損なうと再考要求(2018年12月20日)  洋上風力の買取価格は、1kWh当たり5.8498台湾ドル(約20.8円)から (さらに [...]

» 続きを読む

【台湾】経済当局、ダイソーの輸出入免許を2年間停止。営業は継続したい考え

Facebook Twitter Google+

 台湾経済部国際貿易局は5月23日、100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業の台湾子会社「大創百貨」に対し、輸出入許可証の取り消しを先週通告したと発表した。今後2年間輸出入免許が停止され、輸出入ができなくなる。  国際貿易局の説明によると、大創百貨は2015年11月、東日本大震災後に輸入を禁止している福島県等5県産の食品を別の産地と偽り輸入を実施。それを受け当局は6ヶ月間の輸出入免許停止を発したが、その期間中に694枚の輸入許可 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る