【国際】IIRC、統合報告実務者向け研修ツール<IR>Competence Matrixを公表 2015/08/29 最新ニュース

【国際】IIRC、統合報告実務者向け研修ツールCompetence Matrixを公表

 統合報告に関する国際フレームワークのIIRCは8月5日、統合報告の効果的な実践に向けて必要となるスキルセットや経験についてまとめた新たな能力表、”<IR>Competence Matrix“を公表した。

 このツールは統合報告実務者向けトレーニングへの活用を目的として作成されたもので、統合報告に必要となるスキルレベルの標準化を支援するものだ。IIRCが企業や教育機関向けに世界規模における統合報告のトレーニングツールを公表するのは今回が初めてとなる。

 この能力表は、既に報告業務に関わる人々が持っている専門知識を前提としつつ、原則主義のアプローチを用いて求められる学習の成果を定めている。また、コーポレートガバナンスと統合報告の密接な関係性についても強調している。

 トレーニングの結果として期待される成果の中には、統合報告の実践そのものから得られる成果だけではなく、統合報告を組織としての戦略的な価値創造にいかにつなげるかという点まで含まれる。能力表の中でまとめられている4つの能力開発分野は下記の通り。

  • 統合報告:よりよい統合報告に向けたビジョン
  • 統合思考:長期的な価値の創造
  • 統合報告に向けた準備:価値を伝える
  • 統合報告の実践:財務マネジメントから価値マネジメントへ

 なお、IIRCは直接トレーニングを提供する予定はなく、プログラムは資格を持つ第三者機関を通じて提供されるという。また、能力表は大学やビジネススクール、専門機関らの関連カリキュラムにも組み込めるように設計されている。IIRCは同能力表へのフィードバックを9月16日まで受け付けている。

 同ツールは統合報告を行う上で必要となる考え方やスキルセットが体系的にまとめられている。統合報告が本当の意味で成果を生むためには、報告までのプロセスを通じていかに社内全体に統合思考を組み込めるかが重要だが、そのうえでのこのガイダンスは大いに参考になるはずだ。

【ツールダウンロード】<IR>Competence Matrix
【参考ページ】<IR> Competence Matrix
【参照リリース】Training in Integrated Reporting to help businesses develop skills
【団体サイト】International Integrated Reporting Council

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る