【スウェーデン】テトラパック、100%再生可能なパッケージの出荷数が2016年中に1億個を突破へ 2016/02/24 最新ニュース

shutterstock_154225229

 スウェーデンの食品容器大手、テトラパックは2月2日、同社が2015年1月から販売を開始した、世界初となる100%再生可能な植物由来のパッケージ、Tetra Rex Bio-basedが、2016年中に1億個以上の出荷見込みに達したことを公表した。同パッケージは現在フィンランドやスウェーデン、ノルウェーなど北欧諸国の消費者から支持を得ており、Valio、Arla Foods、Vermlands Mejeri、TINE等のブランドで使用されているという。

 Tetra Rex Bio-basedのユーザーでもあるTINE社にてCSR責任者を務めるBjørn Malm氏は、「持続可能な形で事業を成長させることは環境にとってよいだけではなく、我々の競争力を高め、製品を差別化してくれる。Tetra Rexのおかげで、我々は環境目標の達成に向けた大きく歩みを進めることができており、来年以降、全ての牛乳パックを再生可能にすることにコミットしている」と語った。

 テトラパックの環境配慮型製品の開発に向けた取り組みは業界内外から高く評価されており、昨年はEthical Corporation Responsible Business AwardsのSustainable Innovation(持続可能なイノベーション)カテゴリにおける最優秀賞などを含めて合計7つの賞を受賞している。

 同社の製品管理・営業担当責任者を務めるCharles Brand氏は「Tetra Rex Bio-basedの初年度の成功は我々を大いに勇気づけた。我々は100%植物由来の素材で作られたパッケージを提供する初めての会社であることを誇らしく思う。全てのパッケージをその原料まで追跡可能となったことは、我々の顧客がブランド力を高め、消費者とコミュニケーションをとる手助けとなった。これは、製品ポートフォリオ全体において100%再生可能なパッケージを提供するという我々の長期的な目標における大きなマイルストーンとなる」と語った。

 消費者の環境に対する意識が高い北欧諸国では、食料品の中身や原材料はもちろん、その容器についても環境に配慮されたものであるかどうかが消費者から選ばれるブランドとなる上で重要なポイントとなっている。環境面への配慮をいち早く製品開発に取り込むことで、パッケージの売上を大きく伸ばしているテトラパックの戦略は、サステナビリティ・イノベーションを新たな収益機会の創出につなげている好事例だと言える。

【参照サイト】Tetra Rex Bio-based
【参照リリース】Tetra Pak Expects to Deliver More Than 100 Million Fully Renewable Packages in 2016
【企業サイト】Tetra Pak

(※写真提供:Oleg Golovnev / Shutterstock.com

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る