【アメリカ】アマゾン、倉庫・配送拠点に太陽光発電パネルを設置。2020年までに世界50ヶ所で 2017/03/16 最新ニュース

 ウェブサービス世界大手アマゾンは3月2日、同社が管理する各国の倉庫・配送拠点(フルフィルメントセンター)の屋根に太陽光発電パネルを設置すると発表した。2017年末までに米国内のフルフィルメントセンター15ヶ所で、2020年までに各国のフルフィルメントセンター50ヶ所でパネルを設置する。

 アマゾンは、時期は未定だが将来的に再生可能エネルギー100%での事業運営をすることを宣言しており、今回の太陽光発電パネルの設置もその一環。同社は再生可能エネルギーの分野に積極的に投資しており、未完成の発電所も含めた発電設備総容量は360万MWに上る。今回発表では、米国内ではカリフォルニア州、ニュージャージー州、メリーランド州、ネバダ州、デラウェア州にあるフルフィルメントセンターで合計41MWの発電容量を備える。これにより、同センターの電力需要の80%を満たすことができるという。

 同社は、風力発電所の建設にも積極的で、近年ではテキサス州に同社史上最大の風力発電設備を設置。また、インディアナ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、バージニア州では、太陽光発電と風力発電で、AWS(アマゾンWebサービス)のデータセンターに送電している。シアトルにある同社本社では、近隣のデータセンターからエネルギーをリサイクルしてヒーティングシステムに利用する「District Energy Project」を展開している。その他、他社運営の再生可能エネルギー発電所からの電力購入も行っており、2016年には米国最大の再生エネルギー電力購入者となった。

 さらに人材面でも再生可能エネルギーの推進を始めている。同社のフルフィルメントセンターには、アソシエイトクラスの作業員が多数勤務しているが、彼らに対し、北米公認エネルギー実務者協会(NABCEP)が公認する太陽光パネル設置作業者の取得を推奨する。同社では、社員のキャリアップのための教育訓練費用の95%を会社が負担する「Career Choiceプログラム」があるが、従業員への太陽光パネル設置資格取得でもこの制度を活用する。資格者講習では40から80時間の専門コースの受講、OSHA(米国労働安全衛生局)のトレーニング、及び実務訓練を実施する。米国では太陽光発電の専門技術を持つ人材の需要が高まっており、資格保有者は早期に管理職、技術職などのポジションを見つけられると考えられている。

【参照ページ】Amazon Launches Solar Energy Initiative on Fulfillment Center Rooftops

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る