Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】SASB、暫定サステナビリティ会計基準のパブコメ受付終了。来年初頭に正式版を発表 2017/04/23 最新ニュース

 SASB(米国サステナビリティ会計基準審議会)は4月12日、3月31日まで受付けていた暫定サステナビリティ会計基準に対するパブリックコメント募集の状況を発表した。暫定サステナビリティ会計基準とは、2016年3月30日までにSASBが策定を完了した10分野79業種のサステナビリティ報告に関する暫定基準のこと。SASBは、今回のパブリックコメント募集で集まった意見を吟味し、正式版を2018年初頭に公表する予定。

 今回のパブリックコメントで集まった意見は、企業700社以上、業界団体60以上から寄せられた。そのうち224社(合計時価総額11.8兆米ドル)は直接SASBのアナリストからのレクチャーを受けた場で意見を寄せ、また141社(合計時価総額7.5兆米ドル)はSASBとの直接会議の場で意見を寄せた。SASBは業界団体向けにも計41回説明会を開催し、説明会の場で19団体から意見が寄せられた。

 機関投資家に対しては、38機関を訪問し、計271回に渡る業界毎の暫定サステナビリティ会計基準に対するヒアリングを実施。そのうちおよそ3分の2はSASBの投資家アドバイザリーグループのメンバーからのヒアリングとなった。

 SASBは、今後、意見を集約し、サステナビリティ会計基準の完成に向け、業界ごとのテクニカル・アジェンダに落とし込んでいく。今年の夏には正式版案が公表され、再び90日間パブリックコメントを募集する。その後秋にSASBのテクニカル委員会がレビューを行い、来年初頭には正式版が最終発表される予定。

【参照ページ】Thank You for Participating in SASB’s Consultation Period

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る