【中国】ルノー・日産、東風汽車と中国で電気自動車生産合弁会社設立。両者で折半出資 2017/09/20 最新ニュース

 ルノー・日産アライアンスと中国の大手自動車メーカー東風汽車集団は8月29日、中国で電気自動車(EV)を共同開発する新たな合弁会社を設立すると発表した。ルノーと日産が25%ずつ、東風汽車集団が50%を出資し、新会社「eGT New Energy Automotive」を設立。2019年の中国での生産開始を目指す。

 中国は世界最大の電気自動車市場で、市場規模は毎年拡大。中国汽車工業協会によると、2016年の電気自動車販売台数は25万6,879台で、2015年より121%増加した。2017年の1月から7月までの生産台数は既に22万3,000台、販売台数は20万4,000台に達し、それぞれ同年同期間比で37.8%、33.6%伸びている。ルノー・日産アライアンスは、東風汽車集団と連携することで、中国市場での販売拡大を狙う。

 新会社は、中国中部の湖北省十堰市に拠点を置く。東風の十堰市にある工場での生産を予定しており、年間12万台の生産能力がある。開発される電気自動車には、中国市場で需要の大きいインテリジェント・インターコネクティビティ(相互接続機能)が搭載される予定。

【参照ページ】Renault-Nissan Alliance and Dongfeng Motor Group Co., Ltd. forge partnership to co-develop electric vehicles in China

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る