【フィジー】政府、約55億円のグリーンボンド国債発行。世界3カ国目。使途は再エネ 2017/10/30 最新ニュース

 フィジー政府は10月17日、フィジードル建てグリーンボンド国債を発行すると発表した。グリーンボンド国債を発行するのは、2016年12月のポーランド、2017年1月のフランスに次いで3ヶ国目。発展途上国では初。フィジーは、気候変動による海面上昇で、亡国の危機に瀕している太平洋諸国。今年11月ドイツで開催される気候変動枠組条約COP23ボン会議では議長国を務める。COPで太平洋諸国が議長国を務めるのは今回が初となる。

 フィジー政府のグリーンボンド国債は今年11月1日発行。償還期間は5年と13年の二種類。発行額は合計1億フィジードル(約55億円)。利回りは、5年債が4.00%、13年債が6.30%。グリーンボンド発行によるガイドラインは、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)を用いた。調達資金の使途は、再生可能エネルギー発電所の建設とエネルギー業界の二酸化炭素排出量の削減。同国は、2030年までに再生可能エネルギー割合を100%にし、エネルギー業界の二酸化炭素排出量を30%削減することを国家目標としている。同グリーンボンド発行のセカンドオピニオンはサステナリティクス(Sustainalytics)。

 今回の発行にあたり、フィジー中央銀行であるフィジー準備銀行は、世界銀行グループの世界銀行と国際金融公社(IFC)に技術的な支援を依頼。さらにオーストラリア政府も、3年間の資本市場発展プロジェクトとして支援に加わった。IFCとオーストラリア政府は、このパートナーシップを通じて、フィジーを含む太平洋諸国の民間投資の活性化、持続可能な経済成長の促進、貧困削減等を援助していく。

【参照ページ】Fiji Issues First Developing Country Green Bond, Raising $50 Million for Climate Resilience
【セカンドオピニオン】REPUBLIC OF FIJI GREEN BOND

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る