private 【国際】ハーバード・ビジネス・レビュー、2019年「世界CEOベスト100」を発表。日本人7人

Facebook Twitter Google+

 米経営学誌のハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)は10月30日、2019年度の「世界のCEOベスト100(The Best-Performing CEOs in the World)」を発表した。同ランキングは、在任期間中の株主総利回り(TSR)および時価総額の増加という視点から、世界で最も優れた財務パフォーマンスを上げているCEOを格付するものだが、昨年からは新たに企業のESG(環境・社会・ガバナンス)指標も要素として採用され [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】サステイナリティクス、豪ESG課題レポート公表。気候変動・エネルギーや人権リスク

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は10月17日、オーストラリアにおけるESG課題をまとめたレポート「Navigating ESG Issues in Australia: Identifying Risks, Seizing Opportunities」を発表。オーストラリアの主要株式インデックス「S&P/ASX 200」構成銘柄に対する包括的なESGリスクアセスメントを実施した。過去15年間 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】スタンダードチャータード、サステナブル・デポジット開始。預金資産をSDGsファイナンスに限定

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手英スタンダードチャータードのシンガポール法人は10月8日、国連持続可能な開発目標(SDGs)を資金使途に限定する米ドル建て預金口座「サステナブル・デポジット」を開始すると発表した。個人口座と法人口座のどちらも可能。資金使途は、アジア、アフリカ、中等の地域を想定し、気候変動や金融や健康、教育へのアクセス等をターゲットとする。ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)が、サステナブル・デポジット [...]

» 続きを読む

private 【国際】「カントリーESG評価は企業ESG評価に影響与える」サステイナリティクス分析

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は9月26日、同社の国全体のカントリーESGリスク格付と、当該国で創業している企業のESG評価の関係に関する調査結果を発表した。同調査ではペルーのカントリーESGリスクに着目し、同国で操業する貴金属生産世界2位バリック・ゴールドに与える影響を分析。カントリーリスクが企業のESGリスクに影響を与えると結論づけた。  同調査ではまず、ペルーは採掘資源量世界トップ10 [...]

» 続きを読む

【国際】サステイナリティクスとユニセフ、子どもの権利を考慮した投資ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)と国連児童基金(UNICEF)は9月9日、投資家向けに、子どもの権利を考慮した投資判断を行うためのガイダンス「Investor Guidance on Integrating Children’s Right into Investment Decision Making」を発行した。投資家の投資行動がどのように子どもの権利に影響するかを整理した。  子どもの権 [...]

» 続きを読む

【国際】サステイナリティクス、ESG観点を加えた国債格付サービス開始。制裁スクリーニングも

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は9月5日、債券投資家向けに、ESGと経済指標を組み合わせ、将来的な国家の評価を加味したカントリーリスク格付サービスを開始したと発表した。債券投資家が国債運用でESG投資をする動きが出ており、それに対応した。  同社のカントリーリスク格付は、170か国を対象に40以上の指標を活用。30指標は、世界銀行や国連がまとめている国別データを用い、10以上の指標は同社独自 [...]

» 続きを読む

private 【国際】サステイナリティクス、新興国株のセクター別ESGリスク分析結果発表。リスク低減投資戦略も

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は8月19日、新興市場株式投資におけるESGリスクエクスポージャーの分析結果を発表した。同社はESGリスク低減に向けた投資戦略についても言及している。  同社はまず、国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済成長予測の下方修正に着目。IMFの直近では、2019年、2020年のグローバルでの実質GDP成長率をそれぞれ3.2%、3.5%と予測したが、これは4月時点の予 [...]

» 続きを読む

private 【国際】Sustainalytics、ESG評価データ7種類が金融情報ツール「FactSet」で閲覧可能に

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は7月10日、同社が提供しているESG評価データが金融情報ツール「FactSet」上で閲覧可能となったと発表した。同社のデータは、すでにブルームバーグ上で閲覧可能となっていたが、さらに機関投資家が活用するツールへのリーチを拡大した形。  今回、FactSet上で閲覧可能となったのは同社が提供する7種類のデータ。まず、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】食品、アパレル、資源の水マネジメント進展せず。SustainalyticsとAP7の調査レポート

Facebook Twitter Google+

 ESG評価機関世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)とスウェーデン公的年金基金AP7は6月24日、CDPのデータを活用し、企業の水マネジメントに関する分析レポートを発表した。真水リスクが事業に脅威となると認識している企業が多い一方、実際の対策には進展がほぼないと警鐘を鳴らした。  今回のレポートは、2017年に発表したレポートの続編。真水リスクへのエクスポージャーが高い食品、アパレル、資源セクターを対象に状況 [...]

» 続きを読む

private 【国際】Sustainalytics、機関投資家向け2サービス新規開始。スクリーニングとエンゲージメント

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は6月4日、機関投資家向けに規範軸のネガティブスクリーニングサービスと投資先企業エンゲージメントサービスを開始すると発表した。同社は1月にスウェーデンの議決権行使助言大手GES Internationalを買収。両社のリソースを結集し、今回の2つのサービスを開発した。 【参考】【国際】Sustainalytics、スウェーデン議決権行使助言GES Interna [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る