private 【オランダ】ABNアムロ、社債発行体でもESG評価。サステイナリティクスのESGデータ活用 2021/06/07 最新ニュース

 オランダ金融大手ABNアムロは5月26日、社債の発行体の評価において、標準プロセスとしてESG評価を組み入れると発表した。ESGの評価では、ESG評価世界大手米サステイナリティクスのESGデータを活用する。債券発行体へのESG評価の投資家需要があると見立てた。

 ABNアムロがサステイナリティクスのデータを活用して実施した調査によると、ESG評価と発行社債の利回りに明確な逆相関が見られたという。同社は、投資家がESGレーティングの高い発行体に対し、高いクーポンレートを設定せず、低い利回りを受け入れていると判断。リスクを重視するサステイナリティクスの評価が高いことは、社債リスクプレミアムにポジティブな影響を与えると結論づけた。

 また同社の調査では、投資家の69%がESGの重要性が高まってきていると回答。31%は2020年と同程度に重要と回答していた。

【参照ページ】Sustainability performance now included in bond issuer analysis
【画像】ABN AMRO

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る