【国際】サステイナリティクスとユニセフ、子どもの権利を考慮した投資ガイダンス発行 2019/09/11 最新ニュース

【国際】サステイナリティクスとユニセフ、子どもの権利を考慮した投資ガイダンス発行 1

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)と国連児童基金(UNICEF)は9月9日、投資家向けに、子どもの権利を考慮した投資判断を行うためのガイダンス「Investor Guidance on Integrating Children’s Right into Investment Decision Making」を発行した。投資家の投資行動がどのように子どもの権利に影響するかを整理した。

 子どもの権利については、「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」が国際的な規範となっている。批准国は、子どもの生存と発達、自由と保護、アイデンティティとプライバシーの権利の維持を尊重する責務を負う。今回のガイダンスは、同条約の30周年を記念し発行された。

 子どもは世界人口の約3分の1を占める一方で、投資家の人権方針には、子どもの権利がほとんど反映されていない。同ガイダンスは新たな潜在市場の開拓や、より良い労働環境、より持続可能な経済と社会等の子どもの権利を投資判断に組み込むことの利点を強調した。

 策定に当たり、同ガイダンスは、国連責任投資原則(PRI)の署名機関向けにパブリックコメント募集を実施。北米と欧州では、投資家との対話ミーティングも設けられた。

【参照ページ】Sustainalytics and UNICEF publish investor guidance on integrating child rights into investment decision making

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る