【オーストラリア】サステイナリティクス、豪ESG課題レポート公表。気候変動・エネルギーや人権リスク 2019/10/22 最新ニュース

【オーストラリア】サステイナリティクス、豪ESG課題レポート公表。気候変動・エネルギーや人権リスク 1

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は10月17日、オーストラリアにおけるESG課題をまとめたレポート「Navigating ESG Issues in Australia: Identifying Risks, Seizing Opportunities」を発表。オーストラリアの主要株式インデックス「S&P/ASX 200」構成銘柄に対する包括的なESGリスクアセスメントを実施した。過去15年間、オーストラリアにおけESG投資が成長を遂げ、現在ESG投資の資産は1兆豪ドル(約74.5兆円)に上る。

 同レポートでは、オーストラリアの主要なESG課題である「エネルギーおよび気候変動ポリシー」「サプライチェーン上の現代奴隷問題」「金融セクターにおける倫理」についても言及。ESG投資の具体的手法として、少数の推奨銘柄を投資対象とする「ハイ・コンヴィクション投資」、高度なパッシブ投資、テーマ投資の3つの投資戦略を分析した。

マーケット・インサイト
 オーストラリアのパッシブ投資家は、米国、英国、カナダの投資家に比べ、ESGリスクへのエクスポージャーがわずかながら低い。但し、資源セクターは、オーストラリアの投資家にとって注視すべき弱点と言える。

エネルギーおよび気候変動ポリシー
 オーストラリアでは、二酸化炭素排出量の高い資源セクターが強く、気候変動対応の政策も弱い一方、再生可能エネルギーの導入が進んできており、複雑なリスクと機会を創出している。AGLエナジー、カンタス航空、Bramblesは上手く気候変動リスクへ対処し、競争力を持つようになってきている。

サプライチェーン上の人権
 同国は現代奴隷制に対処する法律を採択した一方、豪企業による現代奴隷関連事件数は5倍に増加した。テルストラ、ウェスファーマーズ、ウールワースは、サプライチェーン上の人権について比較的適切な対応を行っている。

【参照ページ】Sustainalytics’ New Research Report Examines the ESG Risks and Opportunities Facing Australian Equity Investors

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る