【国際】議決権行使助言ISS、欧米大手企業のコーポレートガバナンスの調査レポート提供サービス開始 2018/01/16 最新ニュース

 議決権行使助言大手米ISSは1月11日、企業のコーポレート・ガバナンスに関する調査レポート提供サービス「Corporate Due Diligence Profiles」を開始した。調査対象は、米ラッセル3000採用銘柄、カナダS&P/TSX採用銘柄、EuroStoxx600採用銘柄。

 調査レポートでは、各取締役のプロフィール、取締役の財務パフォーマンスのトラックレコードや在籍期間、取締役のスキルセット、取締役会のダイバーシティ、取締役の独立性、取締役の報酬額や報酬体系、株主総会での取締役選任決議の結果、買収防衛策、競合企業とのガバナンス評価比較等が記載されている。

 ESG投資が広がる中、機関投資家のガバナンスに対する関心が高まっている。

【参照ページ】ISS Analytics Announces Launch of Corporate Due Diligence Profiles

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る