private 【ドイツ】ドイツ取引所、議決権行使助言ISSの株式80%を取得。ESG関連サービスを強化

Facebook Twitter Google+

 ドイツ取引所は11月17日、米プライベートエクイティのジェンスター・キャピタルから米議決権行使助言大手ISSの株式80%を獲得すると発表した。購入額は22.75億米ドル(約2,360億円)で現金購入。当局の承認後に、2021年前半のM&A完了を目指す。ISSの法人格や経営陣はそのまま継続する。  ISSは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ハーバード大等、議決権行使助言ISSのSay on Pay議案推奨に関する有効性分析論文を発表

Facebook Twitter Google+

 ハーバード・ビジネス・スクールの研究者等は10月5日、議決権行使助言世界大手米ISSの議決権行使助言の有用性を検証した研究論文を発表した。特に発行体の役員報酬関連議案での議決権行使助言について、問題のある報酬制度を検知できたかを分析した。  今回の研究は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】米NASA、ISSでボース=アインシュタイン凝縮の生成に成功。物質の第5状態

Facebook Twitter Google+

 米航空宇宙局(NASA)の研究チームは6月11日、国際宇宙ステーション(ISS)で実施した実験で「物質の第5状態」と呼ばれる「ボース=アインシュタイン凝縮(BEC)の生成に成功したと発表した。  物質の状態は、固体、液体、気体に加え、プラズマが第4の状態として位置づけられている。ボース=アインシュタイン凝縮は、1925年に物理学者のサティエンドラ・ボースとアルベルト・アインシュタインが「第5状態」として存在を予言。1995年にコロラ [...]

» 続きを読む

private 【EU】ISS ESGとSolactive、EU公式低炭素インデックスを2本リリース。スコープ3を初年度から考慮

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言世界大手米ISSのESG評価部門ISS ESGは2月6日、独インデックス開発大手Solactiveと協働で、EUサステナブルファイナンス政策の一環で策定された低炭素ベンチマークに整合性のある2つのインデックスをリリースした。  今回設定の (さらに…)

» 続きを読む

【日本】議決権行使助言グラス・ルイスとISS、日産の西川CEO再任に反対推奨

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言世界大手米グラス・ルイスとISSは6月初旬、日産自動車の株主総会を前に、同社の西川廣人・代表取締役兼CEOへの取締役再任決議に反対を推奨した。国内外のメディアが複数報じた(*)。議決権行使助言会社は、主に機関投資家に対し、株主総会での議決権行使において賛否へのアドバイスを行うサービスを提供している。世界二大会社がともに、西川廣人への再任反対を呼びかけたことは大きな影響を与えそうだ。  今回の表明については、同社のカルロ [...]

» 続きを読む

private 【国際】ISS ESG、機関投資家向けにESGインデックスのベンチマーク活用やカスタマイズ開発サービス開始

Facebook Twitter Google+

 議決権助言世界大手米ISSのESG投資関連ソリューション事業ユニット「ISS ESG」は3月4日、機関投資家向けのESGインデックス開発ソリューションサービス「ESG Index Solutions」を発表した。同サービスには「Turnkey Index Solutions」と「Custom Index Solutions」の2つがある。ISS ESGは、ユニット内に、機関投資家向けのESG投資支援会社「ISS-Ethics」、気候 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】議決権行使助言ISS、ESG評価独oekom researchを買収。新社名ISS-oekom

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言大手米ISSは3月15日、独ESG評価oekom researchを買収したと発表した。oekom researchは、1993年設立で本社はミュンヘン。欧州の機関投資家を中心に180機関以上にESGデータを提供している。ISSグループ傘下に入った後は社名を「ISS-oekom」に変更する。世界的にESG投資が旺盛になる中、ESG関連企業や既存の金融サービス提供会社の再編が進んできている。  oekom researc [...]

» 続きを読む

【アメリカ】議決権行使助言ISS、米企業調査EVA Dimensionsを買収。投資家向けサービス強化

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言大手米ISSは2月12日、米企業調査EVA Dimensionsを買収すると発表した。顧客である機関投資家向けサービスを強化する。EVA Dimensionsは、企業の評価手法の一つである「経済的付加価値(EVA)」測定・分析サービスを提供している。  EVA Dimensionsは現在、PRVitとCPI(Corporate Performance Index)の2つの分析ツールを提供。PRVitは、企業の市場価値と [...]

» 続きを読む

【国際】議決権行使助言ISS、欧米大手企業のコーポレートガバナンスの調査レポート提供サービス開始

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言大手米ISSは1月11日、企業のコーポレート・ガバナンスに関する調査レポート提供サービス「Corporate Due Diligence Profiles」を開始した。調査対象は、米ラッセル3000採用銘柄、カナダS&P/TSX採用銘柄、EuroStoxx600採用銘柄。  調査レポートでは、各取締役のプロフィール、取締役の財務パフォーマンスのトラックレコードや在籍期間、取締役のスキルセット、取締役会のダイバーシティ、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】議決権行使助言ISS、気候変動コンサルSouth Pole Groupの投資家サービス部門を買収

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言大手米ISSは6月21日、スイスの気候変動コンサルティング大手South Pole Groupの「投資気候データ部門」を買収したと発表した。これにより、ISSは、機関投資家向けのコンサルティング事業を強化する。  South Pole Groupは、2006年に「South Pole Carbon」として創立し、2015年に現在の「South Pole Group」に社名変更した。同社は2010年に、「投資気候データ部 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る