【国際】WBCSD、「社会・人的資本連合」発足。社会・人的資本プロトコル原案発表 2018/04/23 最新ニュース

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は4月17日、企業が人や地域社会の重要性を認識、測定、価値評価するための新たなイニシアチブ「社会・人的資本連合(Social and Human Capital Coalition)」を発足したと発表した。同時に評価ガイドライン「社会・人的資本プロトコル(Social and Human Capital Protocol)」の原案を発表。同プロトコルは6月16日までパブリックコメントを受け付ける。

 非財務資本を評価する分野では、自然資本連合(NCC)が自然資本プロトコル(NCP)を2016年に発行している。今回のプロトコルは、NCPの概念を踏襲し、社会・人的資本の分野で評価ガイドラインを策定したもの。双方を用いることで、包括的に自然・社会・人的資本の考えを統合した価値測定を目指す。同時に公平な雇用環境を創り出すことも狙う。

 社会・人的資本連合の初代議長は、WBCSDのピーター・バッカー・プレジデントが就任。また、エグゼクティブディレクターにはマイク・ウォレス氏、テクニカルディレクターにはマーク・グラハム氏が就いた。

【参照ページ】Launching the Social and Human Capital Coalition: Helping companies recognize the value of people and communities living well

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る