【国際】SustainalyticsのESGデータをグラス・ルイス顧客に提供開始。両社提携発表 2018/10/27 最新ニュース

 ESG評価機関世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)と議決権行使助言世界大手米グラス・ルイスは10月22日、ESGデータ提供で3年間のパートナーシップを発表した。Sustainalyticsが保有するESGデータを、グラス・ルイスの顧客に提供していく。特にコーポレートガバナンスに関するデータ活用が期待されている。

 現在Sustainalyticsは、世界約2万社のコーポレートガバナンス・データを保有。取締役選挙、取締役会の独立性、監査役や経営陣の報酬、株主提案情報等のデータを機関投資家に提供している。一方、グラス・ルイスは機関投資家約1,300機関に議決権行使助言を実施。今回、機関投資家に対しSustainalyticsが保有する約4,500社分のESGデータも提供できるようにすることで、サービスを拡充する。

【参照ページ】Sustainalytics and Glass Lewis Team Up on Corporate Governance Data Services Offering

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る