【アメリカ】EPA、大型トラックに対するNOx基準強化方針発表。2020年前半の制定目指す 2018/11/18 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)のアンドリュー・ウィーラー長官代行は11月13日、大型トラックに対する窒素化合物(NOx)規制を強化する新イニシアチブ「Cleaner Trucks Initiative(CTI)」を発表した。NOxは大気汚染の原因となる。米政府のNOx規制基準は2001年に最後に制定されて依頼、更新されていない。EPAは、新イニシアチブの下で、新たなルール整備を行うとともに、承認手続の簡素化も行うとした。

 米国では2007年から2017年の間に、NOx排出量は40%以上減少したが、2025年には交通分野に占めるNOx排出量の3分の1は大型トラックとなるよ推定されている。そのため今回、NOx規制を強化する考え。2020年前半のルール発表を目指す。

 承認手続の簡素化では、自己診断機能義務、最新技術を活用したコスト効率の良い認証制度、試験プロセスの改善、エンジン系の年次再認証制度に関する問題の解決等を実施する。

【参照ページ】EPA Acting Administrator Wheeler Launches Cleaner Trucks Initiative

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る