【国際】「ファッション業界気候アクション憲章」制定。アパレル大手40社以上が署名。日本ゼロ 2018/12/14 最新ニュース

 英ファッションデザイナーのステラ・マッカートニー氏は12月10日、国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)の場で、アパレル業界の気候変動憲章「Fashion Industry Charter for Climate Action(ファッション業界気候アクション憲章)」を発表した。アパレル世界大手約40社や業界団体が署名した。  ステラ・マッカートニー氏は、元ビートルズのポール・マッカートニーの次女。数々のブランドでファッションデザイナーとして活躍した後、2013年に功績が評価され大英帝国勲章(OBE)を受章している。今回発表の憲章は、彼女の発案で、11月28日から開催されたファッション業界の国際祭典「Voice」の中で初披露され、COP24の中で正式発足する考えを示していた。Voiceで発表されて以来、同憲章はアパレル世界大手の経営陣から大きな注目を集め、すでに40社以上の署名を集めた。  同憲章は、個別のイニシアチブや団体を発足する予定はないが、署名機関に対し自主的な16のコミットメントを課している。コミットメントには、バリューチェーン全体での二酸化炭素排出量削減、原材料、輸送、政策提言等幅広い内容が含まれている。具体的には…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る