【中国】FTSE Russell、中国グリーンボンド対象のインデックス新設。オフショア人民元建て 2019/01/26 最新ニュース

 インデックス開発世界大手英FTSE Russellは1月17日、中国のグリーンボンドを対象とした新たなインデックス・シリーズ「FTSE Chinese(Onshore CNY)Green Bond Index」を発表した。オフショア中国人民元建てのグリーンボンドラベルの付いた国債、公債、社債を対象とし、現在の構成銘柄は発行銘柄の約75%をカバーしている。

 FTSE Russellは、中国債券を対象としてはインデックスを2011年に初めて設定。その後、中国でグリーンボンド市場が急成長し、世界第2位の発行額となったこと等を背景に、今回グリーンボンド・インデックスの設定を実施した。同社は、中国インデックス開発に近年力を入れている。

 債券のバリュエーションは、トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門「Refinitiv」のデータを用いる。

【参照ページ】FTSE Russell launches Chinese Green Bond Index Series

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る