【アメリカ】アマゾン、ブランド偽物対策サービス「Project Zero」開始。機械学習アルゴリズム活用 2019/03/09 最新ニュース

 IT世界大手米アマゾンは2月28日、新たな偽物対策サービス「Project Zero」を発表した。従来アマゾンの偽物対策では、各ブランドから偽物商品が「アマゾン」サイト上に掲載されていることをアマゾンに通報し、アマゾンの審査を得てサイトから削除される仕組みを取っていた。「Project Zero」では、アマゾンの機械学習アルゴリズムを通じて、出品時に偽物商品を自動的に検知するとともに、認定を受けたブランド企業は、アマゾンに通報することなく、自社ブランドの偽物商品を自身で「アマゾン」から削除できるようにする。

 今回の取組は、まずブランド企業から、商標、ロゴ等、自社ブランドを識別するための情報をアマゾンに提供し、機械学習させ、商品出品時に自動検知できるようにする。それでも出品された偽物情報については、同サービスを活用しているブランド企業は、他社販売の偽物商品を、アマゾンに通報することなく、自身のページ上での操作だけでサイトから削除できるようになる。また、ブランド企業は、商品毎にシリアル番号を付け、その情報をアマゾンと共有することで、偽物を排除できるようにする。

 同サービスの申し込みは、現在アマゾンからの招待制となっている。順番待ちしたい企業は、順番待ちリストへの登録を促している。

【サービス】Amazon Project Zero

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る