【中国】発改委、「環境産業指導リスト」公表し定義明確化。原子力や海洋資源も盛り込む 2019/03/11 最新ニュース

 中国国務院国家発展改革委員会は3月5日、環境産業指導リスト「緑色産業指導目録(2019年版)」を公表し、中国政府として「環境産業」と定義する分野を明確にした。策定には、工業情報化部、生態環境部、住宅都市農村建設部、国家エネルギー局、中国人民銀行も参加。各政府機関と地方政府に対し、リストに掲げた環境産業を推進するよう指示した。中央には審議会として「環境産業専門家委員会」も設置する。

 同リストには、「省エネ・環境保護産業」「クリーン製造産業」「クリーン・エネルギー産業」「自然環境産業」「インフラのグリーン化産業」「環境サービス産業」の6つの大分類を掲げ、その中に詳細業界を列挙した。さらに各詳細業界について細かい内容を規定するための附属書も同時に公表した。

 クリーン・エネルギー産業の項目では、風力、太陽光、地熱、バイオマス、海洋エネルギー、水力・揚水、スマートグリッド、燃料電池とともに、原子力、海洋資源開発、革新的技術を用いた原油・ガス開発、ガスタービン開発を挙げた。省エネ・環境保護産業の項目では、石炭燃料による大気汚染等の環境破壊を低減するための設備改修等も盛り込まれた。

【参照ページ】关于印发《绿色产业指导目录(2019年版)》的通知

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る