【国際】Verisk Maplecroft、児童労働インデックス2019年版発表。リスクが極めて高い国は27ヶ国 2019/06/04 最新ニュース

【国際】Verisk Maplecroft、児童労働インデックス2019年版発表。リスクが極めて高い国は27ヶ国 1

 英リスク分析大手Verisk Maplecroftは5月29日、各国の児童労働状況をまとめた「Child Labour Index(児童労働インデックス)」の2019年版レポートを発表した。児童労働発生している順に、北朝鮮、ソマリア、南スーダン、エリトリア、中央アフリカ、スーダン、ベネズエラ、パプアニューギニア、チャド、モザンビークのとなった。中国、インド、バングラデシュ、ベトナム、カンボジア等の生産大国でも改善が見られず、同社は先進国の企業に対してもサプライチェーン上での児童労働に関与しているリスクがあると伝えている。

 同レポートによると、今日児童労働リスクが極めて高い国が27ヶ国あり、9億人が住んでいる。「極めてリスクが大きい」の地域別の状況では、アフリカが最も多く、続いてアジア地域となる。最も状況が良いのはユーラシア地域だが、それでも「リスクが高い」地域も存在している。

 中国とインドは、「リスクが高い」地域に位置づけられている。「リスクが高い」国まで含めると、世界の人口の82%を含んでしまい、児童労働リスクはかなり多く潜んでいることがわかる。

【参照ページ】Progress on child labour flatlining in world’s manufacturing hubs

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る