【アメリカ】ケロッグ、2030年までに30億人の食料アクセスを改善。本業と寄付の双方で 2019/06/07 最新ニュース

 食品世界大手米ケロッグは6月3日、2030年までに30億人の食料確保を改善するコミットメント「Better Days」を発表した。実現に向け、複数のプログラムを展開する。同社は過去10年間も同様に30億人の食料アクセスの改善に取り組んできており、次の30年はさらにインパクトを追求しに行く。

 プログラムではまず、本業の食品や栄養分販売を通じて、栄養不足の10億人に食品を提供。加えて、さらに食品寄付や児童食料プログラム等を通じ、3.75億人に食料を届ける。また15億人に対し、食料課題への対処を支援する活動を行う。他にも、女性が経営者の小規模農家を中心に農家100万人の経営を支援する。

【参照ページ】Kellogg Company unveils ambitious next-generation Kellogg’s® Better Days global commitment to address food security; driving positive change for people, communities and the planet by the end of 2030

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る