【イギリス】セインズベリー、飲料容器の回収・クーポン発行機の試験導入開始。リサイクル促進 2019/09/01 最新ニュース

 英小売大手セインズベリーは8月、使用済みペットボトルや空き缶を回収し、クーポンを発行する「逆・自動販売機」の試験導入を開始した。ペットボトルや缶、ビンを入れると、セインズベリーで使える5ペンス(約6.5円)のクーポンが受け取れる。英国で同様の取り組みとしては、同社が初という。

 今回設置したのは、同社のバークシャー郡ニューベリーの店舗。ノルウェー・リサイクルTomraが開発した「T-70 Dual」を採用した。飲料容器の環境破壊に関心が集まる中、積極的に回収しリサイクルできるようにする。

 北欧では、同様の「デポジット・リターン制度」がすでに導入されているが、英国では2019年からスコットランド地方で導入が決定している。小売店での飲料販売価格に20ペンス(26円)がデポジットとして上乗せされ、回収機械で20ペンスが返却されるようになる。英国の他の地域でも、国会直属の諮問機関から、導入が勧告されている。

【参考】【イギリス】下院環境監査委員会、政府に海洋プラスチック削減の具体策要求。ペットボトルのデポジット制度等(2018年1月8日)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る