【国際】WordPress等6000サイト、9月20日「デジタル気候ストライキ」に参加。パタゴニアは店舗休み 2019/09/20 最新ニュース

【国際】Wordpress等6000サイト、9月20日「デジタル気候ストライキ」に参加。パタゴニアは店舗休み 1

 国際環境NGOの350.orgは9月12日、世界のインターネット企業及びウェブサイト合計6,000が、9月20日に国際アクション「デジタル気候ストライキ」に参加すると発表した。同ストライキは、自社運営のソーシャルメディアやウェブサイト上にテキストやバナー、及び広告販売スペース等で気候変動に関する情報を発信し、ユーザーに気候変動への関心を高めてもらうとための取組。350.orgが企画し世界中に呼びかけている。

 9月23日には、国連本部で国連気候変動サミットが始まる。それに合わせ、国際環境NGOのThe Climate Groupが主催する世界最大規模のNGO主催国際イベント「Climate Week NYC」がニューヨークで9月24日から開幕する。そのため、350.orgによると、気候変動関連活動家は、その3日前となる9月20日に、労働者にストライキを呼びかけ。すでに世界150カ国で1,700のストライキが計画されているという。また活動家らは、若者に対しては、同日に学校を欠席し、世界各所で開催される気候変動関連のアクションに参加するよう呼びかけている。

 「デジタル気候ストライキ」は、ウェブサイト運営企業に対し、同ストライキへの活動参加を促すもの。今回のアクションに参加する有名企業には、Wordpress、Kickstarter、Tumblr、BitTorrent、Imgurがある。

 同日には、アパレル大手パタゴニアやバートンは、9月20日に自主的にリアル店舗及びオンライン店舗を臨時休業にすると発表し、従業員及び顧客にも同日にアクションに参加するよう促している。パタゴニアやバートンは、スポーツウェア等を販売しており、気候変動への関心が以前から非常に高い。

【参照ページ】PRESS RELEASE: OVER 6,000 WEBSITES AND MAJOR COMPANIES PLAN TO JOIN ‘DIGITAL CLIMATE STRIKE’ NEXT WEEK

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る