private 【国際】イケア、CO2吸収量が排出量を上回る「カーボン・ポジティブ」に向け240億円の投資決定 2019/12/02 最新ニュース

 家具世界大手スウェーデンのイケアは11月27日、サプライヤーの再生可能エネルギーへの切替と、緑化活性による大気中の二酸化炭素固定の2つに対し2億ユーロ(約240億ユーロ)投資することを決定したと発表した。事業をすればするほど大気中の二酸化炭素濃度が下がる「カーボン・ポジティブ」に向けた変革を加速する。  イケアは、2030年までに製品製造サプライチェーン全体での二酸化炭素排出量をゼロにする目標を掲げている。そのため、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る