【イギリス】政府、新型コロナで発展途上国向けの資金援助を拡充。貿易促進でコロナ後の布石 2020/05/19 最新ニュース

【イギリス】政府、新型コロナで発展途上国向けの資金援助を拡充。貿易促進でコロナ後の布石 1

 英国のジュネーブ国際機関英国政府代表部は5月15日、新型コロナウイルス・パンデミックへの対策を強化するため、発展途上国への支援を増強すると発表した。2つのチャネルを通じて、発展途上国政府に資金援助する。

 まず、同国が設けている発展途上国向けの貿易投資アドボカシー基金「TAF2+」を通じた資金援助。同資金は、発展途上国政府が、新型コロナウイルス・パンデミックが貿易関連に与える影響の理解促進、対応措置のWTOモニタリング機関への通知、WTOのバーチャル会議への参画、を実現するための活動費として投じられる。

 2つ目は、世界銀行貿易円滑化支援プログラム(TFSP)を経由した資金援助。特に重要となっている医薬品や医療用防具(PPE)を始めとした製品の物流を支援する。その他、バーチャル研修、ワークショップ、WTOの国家貿易円滑化委員会への支援も行う。

【参照ページ】The United Kingdom announces two COVID-19 response services for eligible developing countries to help combat the impact of the virus on international trade.

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る