【国際】58ヶ国・地域の気候変動対策ランキング、日本は48番目。ジャーマンウォッチCCPI2021年版 2020/12/16 最新ニュース

【国際】58ヶ国・地域の気候変動対策ランキング、日本は48番目。ジャーマンウォッチCCPI2021年版 1

 ドイツNGOジャーマンウォッチ(Germanwatch)は12月7日、58ヶ国・地域の気候変動対策の状況を分析したランキング「気候変動パフォーマンス・インデックス(CCPI)」の2021年版結果を発表した。同ランキングの発表は2005年から毎年実施されている。日本は61ヶ国・地域中48番目で下位グループだった。

 同ランキングは、「二酸化炭素排出量」40%、「エネルギー消費量」20%、「再生可能エネルギー割合」20%、「エネルギー政策」20%の4つの観点から総合点が与えられる。二酸化炭素排出量やエネルギー消費量では、人口を分母とした原単位量が算出され、再生可能エネルギー割合では、水力を除く割合と含む割合や増加の趨勢、政策では国内政策と国際政策の両面が評価項目となっている。

 今回のランキングでは、1位から3位までは「該当なし」としてブランクとなり、4位から61位までのランキングとなっている。

CCPI 2021

  1. スウェーデン
  2. 英国
  3. デンマーク
  4. モロッコ
  5. ノルウェー
  6. チリ
  7. インド
  8. フィンランド
  9. マルタ
  10. ラトビア
  11. スイス
  12. リトアニア
  13. EU28ヶ国平均
  14. ポルトガル
  15. クロアチア

 G7諸国では、5位英国、19位ドイツ、23位フランス、27位イタリア、45位日本、58位カナダ、61位米国の順。東アジアでは、33位中国、45位日本、53位韓国、57位台湾。全体的に、エネルギー消費量の多い先進国は順位が低いながらも、再生可能エネルギー割合の高いEU諸国は上位につくという状況となった。

 日本は二酸化炭素排出量で40位、エネルギー消費量で25位、再生可能エネルギー割合で46位、気候変動政策で50位。省エネが進められてきた日本は排出量やエネルギー消費量で比較的高かったが、再生可能エネルギーの普及の遅さや、政策面で順位を下げる結果となった。

【参照ページ】Climate Change Performance Index: Still no country good enough; EU stands at a crossroads

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る