private 【アメリカ】エクソンモービル、スコープ1と2で2025年までに原単位で15%から20%削減 2020/12/16 最新ニュース

 石油・ガス世界大手米エクソンモービルは12月14日、2025年までにスコープ1とスコープ2の原単位排出量を2016年比15%から20%削減するとの目標を発表した。原単位の分母は石油・ガス生産量。

 削減に向けたアクションとしては、原単位メタンガス漏出量を2025年までに2016年比40%から50%削減し、世界全体での原単位ガスフレアからの排出量を同35%から45%削減する。ガスフレアに関しては、世界銀行のイニシアチブが定めている2030年の削減目標と整合性があると強調した。

 同社は2018年に、2020年末までにメタン漏出量を同15%、ガスフレアからの排出量を同25%削減する目標を定めており、達成ペースで推移している。今回の2025年目標では削減幅を引き上げた形だが、原単位での目標設定のため、総量で削減するかは不透明。

 その他の施策では、炭素回収・貯留(CCS)技術等への投資、プラントの省エネ投資、バイオ燃料への投資、プラントでのコージェネレーション(熱電併給)促進、役員報酬と環境KPIの連動等を挙げた。

 同社は今回、今回の設定の目標はパリ協定と整合性があり、米国政府がパリ協定に復帰することも支持すると「パリ協定」を全面的に推した。カーボンプライシングも引き続き支持することも表明した。しかし、石油・ガス企業にとっても最も重要なスコープ3も含めた総量での削減目標は表明しなかった。

【参照ページ】ExxonMobil announces emission reduction plans; expects to meet 2020 goals

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る