【日本】水産庁、NPFC合意に基づき、さんまの漁獲枠を41%減。2020年実績はTACより20%低い水準 2021/04/21最新ニュース

 水産庁は4月20日、さんまの2021年のTAC(漁獲可能量)設定に関し、過去5年間据え置いてきた264,000tに設定していた当初枠から、155,335tに41%引き下げる案を示した。2020年のさんまの水揚げ量は29,566tで、今回のTAC比で19%の水準に留まっており、需給や価格面での影響はない見通し。

 さんまは、水産庁がTAC設定の対象としている7魚種の一つ。今回案が示されたのは、水産庁が、TACを諮問する水産政策審議会の前に開催している「TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会」の場。同意見公開回は、公開で開催され、事前に漁業者や加工流通業者等からの意見を聴く場として設けられている。今回は東京会場だけでなくオンラインでも参加を募った。TACは日本では「漁獲枠」と表現されることも多い。

 さんまのTACについては、…

Links