【日本】スパイバー、カーライル等から344億円調達。年内に初の量産工場をタイに建設 2021/09/11 最新ニュース

【日本】スパイバー、カーライル等から344億円調達。年内に初の量産工場をタイに建設 1

 バイオベンチャーのスパイバーは9月8日、カーライルや、財務省所管の海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)等の国内外の投資家を割当先とする第三者割当増資を実施。総額244億円を調達すると発表した。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がアレンジャーを務めた事業価値証券化で、さらに100億円の資金調達を行うことも表明した。

 今回の投資は、カーライルにとって日本初のマイノリティ・グロース投資。出資額は100億円とみられる。海外需要開拓支援機構は、すでに出資しており、今回は追加出資の形。カーライルと海外需要開拓支援機構からは取締役を各1名受け入れる。その他フィデリティ・インターナショナル、Baillie Gifford、東京センチュリー、⼭形銀⾏、佐竹化学機械工業が出資に参加する。

 同社は、年内に初の量産拠点となるタイ・ラヨン工場、その後速やかに米国工場の立ち上げる計画。

【参考】【国際】ADM、スパイバーに59億円の追加出資。米国での量産体制構築。アパレル・自動車向け(2020年10月9日)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る