【中国】一般市民ら、モンサントの除草剤の安全性に関する情報開示を求めて政府農業部を提訴へ

Facebook Twitter Google+

 中国では遺伝子組み換え食品(GMO)をはじめとした食の安全性に対する市民の意識が急速に高まりつつある。そんな中、今年の4月には中国の一般市民らが政府、民間企業に対して商品の安全性に関する証明書類の開示を求めるという訴訟が起こっている。  ロイターの記事によると、訴訟の対象となったのは米バイオ化学大手のモンサントが販売している除草剤「ラウンドアップ」で、同裁判の原告3名は、政府の農業部に対して27年前にモンサントが提出した同商品の毒性 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、サステナビリティの統合は事業の成長につながると公言

Facebook Twitter Google+

 「サステナビリティの事業への統合は、事業成長、コスト効率向上、そして将来に向けたレジリエンス向上につながる。」そう明言したのは、サステナビリティ分野の先進企業として知られるユニリーバだ。  消費財大手のユニリーバは5月5日、同社の過去4年間に渡る意欲的で広範な「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(以下、USLP)」は、事業成長、コスト効率、将来に向けたレジリエンス向上という観点において正のインパクトをもたらしていることを明ら [...]

» 続きを読む

【中国】中国工商銀行、2014年度社会責任報告書を発表

Facebook Twitter Google+

 総資産高世界最大の銀行、中国工商銀行(ICBC)は今年3月、2014年度の「社会責任報告書(CSR報告書)」を発表した。今年で8回目となる。報告は実体経済促進、サービス体験向上、地球生態系、信用強化、社員成長への関心、貧困援助などの方面からICBCの業績をまとめた。中国初の国連グローバル・コンパクトに署名した商業銀行として、ICBCは2014年度も数々のCSR関連で表彰された。  ICBCは、積極的に新たな中国経済構造に対応し、実体 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】配車アプリのウーバー、NPOと提携して衣料の寄付を受け付けるキャンペーンを展開

Facebook Twitter Google+

 配車サービス大手の米ウーバーが、自社の移動プラットフォームを活用したユニークなCSRキャンペーンを展開した。ウーバーは5月2日、社会的弱者に向けた職業訓練、雇用支援などを展開しているNPOのグッドウィル・インダストリーズ(以下、グッドウィル)と提携し、ウーバーの利用者が寄付を希望する衣類を無料で回収する1日限りの革新的なキャンペーンを展開した。  過去にニューヨーク、ボストン、サンフランシスコで実施したキャンペーンの成功例を基に、今 [...]

» 続きを読む

【日本】リーバイスとウォーターエイド、ジーンズを回収・リメイクして途上国に貢献

Facebook Twitter Google+

 ジーンズメーカー大手のリーバイスが、NGOと提携によるユニークなキャンペーンを展開している。世界の水問題に取り組む国際NGOのウォーターエイドジャパンとリーバイ・ストラウス ジャパン(以下、リーバイス)は5月9日、リーバイスが実施するCSRプログラム"LEVI’S FOREVER BLUE."を通じた寄付により、東ティモールにて安全な水と衛生設備を届けるプロジェクトを実施すると発表した。  "LEVI’S FOREVER BLUE. [...]

» 続きを読む

【アメリカ】NAEM、サステナビリティ関連ソフトウェアの購入担当者向けガイドを公表

Facebook Twitter Google+

 自社のサステナビリティ関連データのマネジメントニーズがある企業にとって、とても興味深いレポートが公表されている。米国ワシントンに本拠を置く環境・サステナビリティ分野のプロフェッショナルネットワーク、NAEM(National Association for Environmental Management)は4月7日、企業らによるサステナビリティ関連ソフトウェアの活用状況を詳細に分析した購入担当者向けガイド、"2015 EHS an [...]

» 続きを読む

【国際】キッチン、ランドリー、バスルーム機器が世界の電子廃棄物(E-waste)全体の半数以上を占める

Facebook Twitter Google+

 国連大学は4月19日、2014年の電子廃棄物(E-waste)に関する報告書を公表した。同報告書によると、2014年の全世界における電子廃棄物の総量は推定4180万トンで、2018年までに21%増加する見込みだという。  また、同報告書は急増する電子廃棄物の種類や量、地域特性などについてこれまでにない詳細な知見を提示している。以下が注目すべき点だ。 種類および量:約60%は家庭や企業で使用された大小の機器 掃除機、電子レンジ、トース [...]

» 続きを読む

【カナダ】サステナビリティ・ストーリーテリングの質を上げる4つのステップ

Facebook Twitter Google+

 企業の透明性や情報開示に対するステークホルダーからの要求が日に日に高まりつつある現代において、自社のサステナビリティの取り組みを効果的にステークホルダーに伝えるための手法として注目が集まっているのが、ストーリーテリングだ。ストーリーテリングとは、伝えたいコンセプトや事実をストーリー(物語)として伝えることで、聞き手に内容を強く印象づける手法のことを指す。  自社のサステナビリティ活動の意義や効果をステークホルダーに効果的に伝え、共感 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ケンタッキー、ピザハットなどを展開するYum!、2014年度のCSRレポートを公表

Facebook Twitter Google+

 ケンタッキー・フライドチキンやピザハット、タコベルなどのブランドを展開するYum!社が4月2日、食や人々、環境、コミュニティなど同社のCSR重点領域におけるパフォーマンスと進捗状況まとめた2014年のCSRレポートを公表した。  レポートによると、Yum!の主要事業領域である「食」のCSRについては、2015年末までに店舗を展開する全ての国において提供するメニューの15%を1日あたり推奨カロリー摂取量の3分の1以下にするという目標を [...]

» 続きを読む

【国際】最も人気の高い記事はボランティアとコミュニティエンゲージメント。3BL Mediaが調査

Facebook Twitter Google+

 CSR・サステナビリティ専門メディアの3BL Mediaは3月30日、同社の会員企業やNGOらが配信している記事、コンテンツのアクセス状況をカテゴリ別に分析した結果、ボランティア活動とコミュニティエンゲージメントに関する記事が最も多くの関心を集めていることが分かったと公表した。環境、気候変動に関するニュースは2番目に人気が高いという結果となった。  3BL MediaのCMOを務めている Dave Armon氏は「我々は、どのような [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る