【イギリス】金融行動監督機構、運用業界の改革案を示す最終報告書発表

Facebook Twitter Google+

 英国金融政策当局の金融行動監督機構(FCA)は6月28日、英国での資産運用業界改革に関する最終報告書を発表した。FCAは昨年11月、暫定版を報告書を発表。その後約半年をかけて今回の最終報告書をまとめあげた。今回の最終報告書の中では、現状分析とともに改革の方向性が示されている。英国は、日本版スチュワードシップ・コードのモデルとなった「スチュワードシップ・コード」制定などで知られ、運用業界に対する政策の先進性で知られる。  FCAは報告 [...]

» 続きを読む
2017/07/17 最新ニュース

【オランダ】政府系住宅金融NWB銀行、ユーロ建過去最高額のソーシャルボンドを発行

Facebook Twitter Google+

 オランダの政府系住宅金融機関NWB銀行は6月1日、同国政府の社会福祉政策の一環として展開されている低金利住宅ローンの資金源として、7年債を15億ユーロ(約1,900億円)、15年債を5億ユーロ(約600億円)発行し、合計で20億ユーロ調達した。金利は7年債が0.25%、15年債が1.25%。共同主幹事は、SEB、HSBC、ラボバンク、クレディ・アグリコルCIB。ソーシャルボンド発行に当たってのセカンドオピニオンはサステナビリティクス [...]

» 続きを読む
2017/06/15 最新ニュース

【ドイツ】BASF、素材トレンドブックを公開。注目はモルフォロジーとマインドフルネス

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手BASFは5月29日、化学素材の世界的な業界トレンドをまとめたレポート「Material selection 17/18」を発表した。同レポートの発表は今年で2回目。レポートは、一般公開はされず、BASFの現顧客や潜在顧客にのみ公開された。同レポートの作成にあたっては、同社のデザイン研究・支援機関「designfabrik」に所属するデザイナーが執筆を担当。designfabrikは、ドイツ・ルートヴィヒスハーフェンに本 [...]

» 続きを読む
2017/06/13 最新ニュース

【アメリカ】SASB財団、法人・個人の会員プログラム「SASB Alliance」を開始

Facebook Twitter Google+

 SASB財団(米国サステナビリティ会計基準審議会財団)は5月18日、法人や個人が参加可能な会員プログラム「SASB Alliance」を開始した。この有料プログラムに参加することで、SASBが提供するイベント等の参加費が割引となったり、最新のレポートなどが見られるようになる。  投資家視点でのサステナビリティ情報開示ガイドラインに取り組むSASBには、以前からケーススタディの共有や、ネットワーク機会の提供などに関する要望が寄せられて [...]

» 続きを読む
2017/06/03 最新ニュース

【アメリカ】ペプシコ、同社の食の健康目標で健康NGOのPHAに第三者評価を委託

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ペプシコは5月11日、同社製品の健康に関する取組の第三者機関評価を行うため、米国健康NGOPartnership for a Healthier America(PHA)とパートナーシップを結んだ。PHAがペプシコの取組を評価、報告する。  ペプシコは2016年10月に、世界保健機関(WHO)やその他団体のガイドラインをもとに、健康促進に関する目標を作成。目標には、商品に含まれる糖類、飽和脂肪酸、ナトリウム量の削減や、全 [...]

» 続きを読む
2017/06/02 最新ニュース

【国際】マース、ネスレ、リンツ等チョコレート大手、商品カロリー削減で新たに協働

Facebook Twitter Google+

 米食品大手のマースは5月11日、同じくチョコーレート事業を手掛けるスイスのネスレ、スイスのリンツ、イタリアのフェレロ、米Ferrara Candyと協働し、チョコレート菓子のカロリー削減を実現していく新たな取組を発表した。欧米では現在、国際的に深刻化する肥満症の問題に対する官民の関心が高まっており、とりわけ英国では政府が砂糖含有量のガイドラインを発表するまでになっている。今回の発表は、産業界が自ら率先して、肥満症という社会課題に米国 [...]

» 続きを読む
2017/05/29 最新ニュース

【日本】消費者庁など、食べ残し料理の持ち帰りに関する留意事項発表

Facebook Twitter Google+

 消費者庁、農林水産省、環境省、厚生労働省は5月16日、食品廃棄物削減のため、食べ残し料理の持ち帰りに関する留意事項を発表した。残った料理を持ち帰る場合は、食中毒リスクを十分に理解した上で、自己責任の範囲内で行うことなどを推奨している。  日本では、本来食べられるのに廃棄されてしまっている「食品ロス」が年間621万t発生。そのうち339万tが食品関連事業者によるもので、とりわけ飲食店等における食べ残しが35%と大きな割合を占めている。 [...]

» 続きを読む
2017/05/26 最新ニュース

【イギリス】トリオドス銀行、英国で個人普通預金口座の取り扱いを開始

Facebook Twitter Google+

 オランダのトリオドス銀行は4月26日、同行としては英国で初となる個人普通預金口座(英語直訳では個人当座預金口座)の開設を今年6月から開始すると発表した。トリオドス銀行は、融資先を社会価値や環境価値の高い事業者に限定していることで有名な銀行。オランダを中心に、ドイツ、スペインなど欧州で約65万人の顧客を抱える。同行は2006年にスコットランドのエジンバラに支店を開設し、貯蓄預金口座や投資用口座の取扱を実施しており、すでに英国だけで約5 [...]

» 続きを読む
2017/05/17 最新ニュース

【フランス】アクサ、石炭関連企業ダイベストメントと損害保険サービス停止を発表。天候保険の提供も

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手フランスのアクサの運用子会社アクサ・インベストメント・マネジャーズは4月25日、今年6月30日に石炭関連事業が売上の50%以上を占める企業から投資引揚げ(ダイベストメント)を実施することを発表した。気候変動対応を進めるため、気候変動への悪影響が大きい石炭に対する投資を引き揚げる。但し、インデックス運用やファンド・オブ・ファンズ(FOFs)運用で投資している分はダイベストメントの対象外とする。  アクサ・インベストメント・ [...]

» 続きを読む
2017/05/08 最新ニュース

【アメリカ】Clean Production Action、新たな繊維安全性認証「GreenScreen Certified」発表

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOのClean Production Action(CPA)は4月19日、繊維製品向けの新たな化学物質安全性認証「GreenScreen Certified™」を発表した。CPAは、米国を中心に、製品の安全性向上のための活動を実施し、複数の認証を提供しているNGO。今回発表のGreenScreen Certified™は、化学物質安全性の面で産業界全体をリードするアパレル業界向けに、一般水準より高い安全性基準を設定した認証 [...]

» 続きを読む
2017/04/30 最新ニュース
ページ上部へ戻る