【イギリス】ケロッグ、シリアル商品の砂糖・塩分含有量を大幅削減。消費者の健康に配慮

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ケロッグの英子会社、ケロッグ英国は11月30日、シリアル商品の砂糖や塩分の含有量を削減する取組「Better Starts Plan」を発表した。英国では健康への関心が高まっており、政府も砂糖や塩分の含有量を下げる政策を打ち出している。 【参考】【イギリス】公衆衛生庁、食品・外食業界に対し砂糖含有削減ガイドライン発表。肥満防止(2017年4月16日)  ケロッグ英国は、主力の麦シリアル「Coco Pops」では、201 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、健常者・障害者平等のため専門部署新設。完全平等目指す

Facebook Twitter Google+

 米金融大手ウェルズ・ファーゴは11月30日、障害者従業員と障害者顧客にとっての利便性対策を進めるための新部署「エンタープライズ・アクセシビリティ・プログラム・オフィス」を開設した。健常者も障害者も同様に働きやすい職場と訪れやすい銀行支店づくりをリードする。  米国では、1990年に「障害を持つアメリカ人法」が制定以来、障害者へのアクセシビリティを改善する企業努力が続けられているが、まだ完璧とは言い難い。ウェルズ・ファーゴは2015年 [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、「サイバーセキュリティ経営ガイドラインver. 2.0」発行。ESG課題としても注目

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は11月16日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と協力し、経営者がリーダーシップをとってサイバーセキュリティ対策を推進するための指針となる「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を改訂し、「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer 2.0」を発行した。同ガイドラインは2015年12月に策定。昨今サイバー攻撃が激化しており、サイバー攻撃を受けていること自体に企業が気づかないケースも増えてきており、対応を強化するため今 [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ、中国人気決済サービスWeChat Payを欧州中の小売店で導入推進

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは11月8日、中国で6億人のユーザーを持つモバイル決済サービス、テンセントのWeChat Pay(微信支付)を、ヨーロッパ全土の小売店が導入するのを支援すると発表した。第1号として仏百貨店大手ギャラリー・ラファイエットのパリ2店舗ではすでに9月25日から利用可能となっている。  ヨーロッパを訪れる中国人観光客は740万人。人気の決済ツールを提供することで、小売店側は売上増加と顧客ロイヤルティ向上を狙う。 【 [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバとEY、ブロックチェーン用いた銀行内資金決済実証実験に成功

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは10月17日、コンサルティング大手EYと共同で進めていたブロックチェーン技術を活用した銀行内資金決済の実証実験に成功したと発表した。同社は、商業銀行業務や投資銀行業務、証券業務等の異なる事業部間での資金決済の実証実験を実施し、オペレーション効率の改善が確認された。  実証実験の中で特に注力されたのは、一日7時間から10時間に制約されていた送金業務可能時間の延長。実証事件では最大11時間にまで延長できた。ま [...]

» 続きを読む

【国際】IBM、世界銀行大手5行とブロックチェーン決済「Batavia」開発。来春にもプロトタイプ

Facebook Twitter Google+

 世界IT大手米IBMは10月4日、加モントリオール銀行、スペインのカイシャ銀行、独コメルツ銀行、オーストリアのエルステ銀行グループの4行が、現在IBMとスイスUBSが協働で開発している金融ブロックチェーンシステム「Batavia」プロジェクトに参加すると発表した。Bataviaは、いつでも、どこからでも、どんな企業規模でもアクセス可能な貿易決済システムを目指している。  Bataviaは、オープンソースのブロックチェーン技術推進コミ [...]

» 続きを読む

【国際】国連人権高等弁務官事務所、企業向けLGBT行動基準を発行。対策求める

Facebook Twitter Google+

 国連人権高等弁務官事務所(OCHCR)は9月26日、性的マイノリティLGBTIに対する差別撤廃に取り組む企業を支援するための行動基準(Standards of Conduct)を発行した。行動基準は、「人権尊重」「職場での差別撤廃」「職場での支援」「ビジネス上の人権侵害防止」「地域社会での行動」の5つに分かれており、それぞれ文書にまとめられた。行動基準の作成では、人権ビジネス研究所(Institute for Human Right [...]

» 続きを読む

【イギリス】ロンドン交通局、ウーバーの営業免許更新を拒否。賛成派と反対派の対立深まる

Facebook Twitter Google+

 ロンドン交通局(TfL)は9月22日、タクシー配車アプリ世界大手米ウーバー(Uber)を適切な民間レンタカー会社ではないと判定し、9月30日以降、営業免許を更新しないと発表した。同社はロンドン地域ではドライバー12万人、ユーザー350万人を抱えている。同社は、TfLの決定後21日以内であれば異議を申し立てができ、最終判断が出るまでは営業を継続することができる。ウーバー側は、最終的に免許更新がされない場合は提訴する構えだが、判決までに [...]

» 続きを読む

【香港】中国建設銀行とIBM、ブロックチェーン技術を活用した保険販売業務を今年中にも開始

Facebook Twitter Google+

 中国銀行大手中国建設銀行の香港部門、中国建設銀行(アジア)と米IT大手IBMは9月20日、ブロックチェーン技術を活用した銀行での保険販売サービス(バンカシュアランス)を香港で提供していくと発表した。IBMが企業向けサービスとして開発した「IBMブロックチェーン・プラットフォーム」を活用し、バンカシュアランスの業務効率を上げ、顧客満足度を高めていく。  バンカシュアランスは、保険販売の際の顧客の審査に時間がかかっていたが、ブロックチェ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SCジョンソン、2018年に南米向け製品の成分情報を開示。欧米・アジアではすでに実施

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米SCジョンソンは9月18日、南米市場向け製品の成分情報を2018年に開示することを決めたと発表した。同社の調査によると、97%のブラジルの消費者が製品成分情報開示を重要と捉え、93%の消費者が家庭用清掃剤メーカーは積極的に情報開示するべきと考えているという。  SCジョンソンの情報開示の流れは米国から始まった。2009年に成分情報リストを開示するウェブサイト「WhatsInsideSCJojnson.com」を公開し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る