【国際】フェイスブック、自殺・自傷行為防止でポリシー改訂。警告表示や一部内容投稿禁止等

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米フェイスブックは9月10日、自殺や自傷行為を防止するため、同社サービスのポリシーを強化した。自傷行為を想像させる図形画像の使用を禁止し、さらにインスタグラムでは自殺や自傷行為に関する投稿を検索しづらくする。  フェイスブックは、同問題に対処するため、2019年初旬から世界中の専門家との協議を開始。同社の安全ポリシー部門にも、健康やウェルビーイングに関する専門家を雇用した。今回の施策導入に至った。図形画像については、自傷 [...]

» 続きを読む

【イギリス】王立協会、ブレイン・マシン・インタフェース技術規制を政府に要請。大企業独占を懸念

Facebook Twitter Google+

 英科学アカデミーの王立協会は9月9日、人間の脳とコンピュータを接続する「ブレイン・マシン・インターフェース(ニューラル・インターフェース)」技術について、英国政府が世界のリーダーとして主導し、浮上する倫理的課題への対応方法を率先して検討すべきとした。  ブレイン・マシン・インタフェースは、信号を脳に直接送り込むことで、認知症、麻痺、精神的健康状態、肥満に対処するための医療技術として注目されている。すでに大手企業も関心を高めている。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】メイシーズ、従業員・販売・調達・宣伝等でダイバーシティ・インクルージョン施策発表

Facebook Twitter Google+

 米小売メイシーズは9月5日、顧客、広告宣伝、サプライヤー、従業員、コミュニティの5分野で、新たなダイバーシティ&インクルージョン施策を発表した。各分野で2019年以降のパフォーマンス目標を掲げ、インパクトを高めるための具体的な戦略を示した。 全ての顧客を歓迎し、受け入れ、尊敬するコミットメントの強化  同社の顧客向け権利憲章「Customer Bill of Rights(CBOR)」を更新し、顧客に対する差別、不当な検索やプロファ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】政府、フレーバー付き電子たばこの販売禁止方針を表明。FDAが数週間以内に規制案

Facebook Twitter Google+

 米トランプ大統領とアザー保健福祉長官は9月11日、フレーバー付き電子たばこの販売をほぼ全面的に禁止する方針を表明した。若者の間で電子たばこが拡大し、喫煙者をむしろ増加させてしまっていることへの対応。保健福祉省の食品医薬品局(FDA)が数週間以内に規制案をまとめる。  今回の方針は、毎年実施している「全米若者たばこ調査(National Youth Tobacco Survey)」の2019年の結果から、若者の電子たばこ喫煙率の上昇が [...]

» 続きを読む

【国際】グーグル、Googleマップに自転車経路検索機能追加。ライドシェアも。消費者需要に対応

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米グーグルは8月28日、地図アプリ「Googleマップ」の経路検索機能の強化。交通手段として、自転車や自動車ライドシェアを追加した。健康志向や二酸化炭素排出量削減として自転車が注目される中、高い市場シェアを誇る同アプリが対応した。  従来は、自動車等の交通手段以外は徒歩しか検索手段がなかった。今後は、「最寄り駅まで自動車ライドシェアで行った場合」や、「ラッシュアワーを避けて、バス停まで自転車で行く場合」というような検索が [...]

» 続きを読む

【アメリカ】CDC、肺疾患と電子たばこの関連性調査。含有化学物質の影響示唆するも断定せず

Facebook Twitter Google+

 米国疾病予防管理センター(CDC)は9月6日、電子たばこと重篤な肺疾患への調査から、患者間に類似性を発見したと発表。電子たばこに含まれるニコチン成分や、大麻由来の有害成分THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)が、肺疾患に関連している可能性を示唆したが、因果関係については依然としてはっきりしておらず、今後、調査研究を継続していく必要があると話した。  CDCは会見の中で、約450人が肺疾患したとみられ、少なくとも5人が死亡したと表明 [...]

» 続きを読む

【日本】崎陽軒、ビーガン向け弁当の受注販売開始。海外で増加するビーガン顧客対応を拡充

Facebook Twitter Google+

 崎陽軒は8月20日、8月23日からビーガン向けの弁当「野菜で作ったお弁当」の受注販売を開始すると発表した。海外を中心にビーガンの消費者が多く要望に対応する。値段は税込1,200円。  ビーガンは、植物性食品のみを食べる菜食主義者のこと。類似の用語にベジタリアンがあるが、ベジタリアンは、卵や乳製品等は摂取する等、一部動物性食品も許容するなど幅が広い概念。  同弁当は、動物由来の食材は一切使用せず、肉の代わりに大豆由来の「ミート」やおか [...]

» 続きを読む

【日本】東京労働局、リクルートキャリアの内定辞退率算出サービスを職安法違反と認定

Facebook Twitter Google+

 東京労働局は9月6日、リクルートキャリアが提供した「リクナビDMPフォロー」サービスについて、職業安定法及び同法の指針に違反していたと認定。同社に対し、行政指導を実施した。同社に対しては、すでに個人情報保護委員会も8月26日、同サービスが個人情報保護法に違反していると認定していたが、個人情報保護法に基づく個人からの同意取得だけでなく、同意を受けていたとしても問題性のある使い方と判断された。 【参考】【日本】リクルートキャリア、新卒選 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ミシガン州、フレーバー付き電子たばこの販売禁止を表明。行政措置として発動

Facebook Twitter Google+

 ミシガン州のグレッチャン・ホウィットマー知事は9月5日、フレーバー付き電子たばこの小売店及びオンラインでの販売を禁止すると発表した。電子たばこ(加熱型たばことは異なる)は、日本ではニコチンの含有が禁止されているが、米国ではニコチンを含有したものが販売されている。フレーバー付き電子たばこは、果物や菓子等の甘い風味で若者の人気を集めており、同州知事は今回の措置について、若者の安全を守るためと話した。  今回の規制は、同州保険福祉局による [...]

» 続きを読む

【アメリカ】食品大手ホーメル・フーズ、植物由来代替肉ブランド製品の販売開始

Facebook Twitter Google+

 米食品大手ホーメル・フーズは9月4日、代替肉事業子会社Cultivated Foodsを通じ、代替肉ブランド「HAPPY LITTLE PLANTS」を展開すると発表した。遺伝子組換え(GMO)ではない大豆等の植物由来たんぱく質を原料とする。  ホーメル・フーズは、2014年に「Fuse Burger」を投入し、代替たんぱく質の取組を開始。現在は、事業子会社Burke Corporationが植物由来のピザトッピングを、Appleg [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る