private 【日本】環境省、ナッジでの家庭省エネ施策の実証結果発表。電力・ガスで有意な成果

Facebook Twitter Google+

 環境省は9月3日、行動科学を活用した「ナッジ」によるライフスタイルの自発的な行動変革を創出で、実証プロジェクトでの検証結果を発表した。家庭向けの省エネ施策で成果があった模様。  環境省は現在、産学政官民連携・関係府省等連携のオールジャパンの体制による日本版ナッジ・ユニット「BEST(Behavioral Sciences Team)」の事務局を務めており、2017年度から実施している「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による [...]

» 続きを読む

private 【日本】花王、自社開発ポリフェノール素材の取引先での商品化支援。健康ソリューション事業へ

Facebook Twitter Google+

 花王は9月2日、ケミカル事業部門が、「茶カテキン」と「コーヒー豆由来クロロゲン酸類」のポリフェノール素材の販売や、機能性表示食品届出等のサポートを開始したと発表した。今後、自社だけでなく、取引先とともにポリフェノールの機能をより広く消費者へ届け、食を通じた健康増進を追求する。  ポリフェノールは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ディアジオ、飲酒運転防止啓発オンラインツール展開。英国に続き2拠点目、事故経験者との仮想対話

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオ北米法人は8月30日、国連訓練調査研究所(UNITAR)と協働し、21歳から35歳向けに飲酒運転防止を啓発するオンラインツール「Wrong Side of the Road」を開発した。今回のアクションは、同社の責任ある飲酒促進の一環。  同ツールは、実際に飲酒運転による事故を経験した3名との対話形式で、飲酒運転の危険性を伝えるもの。事前に用意された運転者への質問を選択することで、録画された回答を得、仮想上の [...]

» 続きを読む

private 【国際】ADM、食品・サプリメント業界に影響を与える消費者の行動変容を公表。パンデミック収束後も健康志向は継続

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手米ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)は8月26日、今後の食品・サプリメント業界に影響を与えうる5つの消費者の行動変容を公表。世界の消費者の60%が今後1年間で健康全般の改善を計画しており、機能性栄養食品や自然食材、セルフケア食品などの需要が高まるとした。  行動変容の1つ目は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ダウ、アフリカ系向けヘアケア製品開発でTHE MOSTと協働。顧客インクルージョン

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米ダウは8月26日、アフリカ系向けのヘアケア市場の需要を理解した商品開発を行うため、米ベンチャーTHE MOSTと協働すると発表した。十分なサービスを受けられていない人種マイノリティ向けの顧客インクルージョン施策。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】バイデン大統領、IT大手とサイバーセキュリティ強化で協力。サイバー攻撃で連携

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は8月25日、サイバーセキュリティの脅威に対処するため企業と教育機関の経営陣と会談を実施。政府、企業、市民での包括的なサイバーセキュリティ対策を進めていくことを確認した。  バイデン大統領は5月12日、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】EPA、クロルピリホスの食品栽培農薬使用を全面禁止。非食品栽培用途でも検討へ

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)は、農薬クロルピリホスを食品栽培で使用することを全面的に禁止すると発表した。同日、最終規則を発行し、これまで容認していた「許容量」を撤廃。また、連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法に基づき、従来の許容量に基づき当局登録されていた使用用途も取消すと通知した。  クロルピリホスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、銀行の顧客満足度ランキング発表。法人口座はHandelsbankenが首位

Facebook Twitter Google+

 英競争・市場庁(CMA)は8月16日、銀行を対象とした顧客満足度調査ランキングの結果を発表した。同調査は2018年に開始し今回で6回目。各銀行は取得したランキングを顧客に目立つ場所に掲示することが義務付けられている。  同調査は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スウェーデン】テリアとエコボット、5G接続の自律型除草ロボット開発へ。人手不足解消と除草剤使用量削減

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン通信大手テリアと農業ロボティクス開発エコボットは8月20日、5Gネットワークを活用した農業自動化に向け、パートナーシップを締結した。両社は、エコボット開発の自律型除草ロボット「EKOBOT」を、テリア提供の5Gネットワークに接続し、除草作業を自動化した。  今回開発のEKOBOTは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る