private 【アメリカ】大手企業、新型コロナで事業関連分野への寄付相次ぐ。事業継続へ全力。CDC財団にも

Facebook Twitter Google+

 新型コロナウイルス・パンデミックが米国でも拡大する中、業績低迷を抱える大企業たちは、事業継続や早期収束のため事業関連分野への寄付を強化している。 【参考】【国際】CDC財団、コロナ対処でクラウドファンディング開始。大手企業の寄付表明も相次ぐ(2020年3月17日)  金融大手モルガン・スタンレーは3月19日、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ブラックボー、2019年度のNPO寄付募集統計発表。寄付者平均は63歳

Facebook Twitter Google+

 米クラウドサービス大手ブラックボーの研究部門「ブラックボー・インスティテュート」は2月18日、アメリカでの寄付データをまとめた年次レポート「Charitable Giving Report」の2019年度版を発表した。同レポートの発行は今年で8年目。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】アマゾン、物流代行サービス活用事業者にも商品寄付プログラム参加呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは8月14日、マーケットプライスでの物流代行サービス「フルフィルメント by アマゾン(FBA)」の顧客事業者が売れ残った商品や返品商品を慈善団体に寄付できるプログラム「FBAドネーションズ」を9月から米国と英国で開始すると発表した。  アマゾンは従来、販売商品の寄付行為を毎年実施してきた。今回はそれを、FBAサービス活用企業にも拡大する考え。今後、FBAサービス活用企業からの寄付商品受付フロー等を磨いていく。 [...]

» 続きを読む

【イギリス】バーバリー、売れ残り品焼却処分取りやめ。動物毛皮の使用も禁止

Facebook Twitter Google+

 英高級ブランドのバーバリーは9月6日、売れ残り在庫品の焼却やをやめると発表した。同社が5月に焼却していると報告したことが、英メディアが7月に一斉に報じ、批判の声が上がっていた。同社はこれまではブランド価値を守るため、売れ残り品の値引き販売をしてこなかったが、今後は焼却熱回収(サーマルリサイクル)や単純焼却を減らし、再利用、リサイクル、修理、寄付等に進めていくとした。また過剰在庫を減らすため、ターゲットを絞り込んだ品揃えや生産量縮小も [...]

» 続きを読む

【中国】富豪寄付金ランキング、アリババ馬雲氏が首位

Facebook Twitter Google+

 中国社会科学院CSRセンターは12月4日、2015年版の「企業公益青書」を発表。2014年の資産ランキング100位以内の事業家のうち上位10位の寄付総額は約161億人民元に上り、100位までの寄付総額の97.57%を占めることが分かった。最も寄付をした事業家はアリババグループの馬雲氏。7割以上の事業家が全く寄付をしていない中、同氏は約146億人民元を寄付し、群を抜いてトップとなった。総資産額と寄付額の割合で表される「寛大度」ランキン [...]

» 続きを読む

【アメリカ】サプリメント大手、コーズマーケティング施策を拡大

Facebook Twitter Google+

天然ビタミン剤ブランドで全米トップの商品「Rainbow Light(R)」を有するRainbow Light Nutritional Systems社は、同社の新たなCSRプログラム「The Circle of Care」を発表した。同社は世界保健機関(WHO)ともパートナー契約を結んでいる有名企業で、新たなプログラムに対して関心が集まっている。新しく展開される「The Circle of Care」の中身は、同社が以前から実施して [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米Bank of the West、個人慈善家のコミットメント度を測る指数を発表

Facebook Twitter Google+

米Bank of the Westの資産管理部門は、親会社であるBNPパリバと協働し「個人フィランソロピー指数」に関するレポートの第2版を発行した。第1版の調査対象地域はヨーロッパ、アジア、中東のみであったが、第2版ではアメリカが追加され、この4つの地域で運用可能資産評価額が500万ドル以上の富裕層400名が調査対象となった。調査では、慈善活動家のコミットメント度を測るための評価基準として、寄付金の絶対額、革新性、選択した課題の改善の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】一般消費者は寄付よりも”社会的価値ある”商品の購入を好む傾向

Facebook Twitter Google+

コンサルティングファームのGood.Must.Grow.は、アメリカの一般消費者が、自身の社会貢献を考える時に、チャリティとして寄付するよりも、社会的に価値がある商品の購入を選ぶ傾向にあるとする調査結果を発表した。社会貢献を謳う企業や商品の増加などが背景にあるとみられる。しかし一方で、そのような商品に関する情報や知識の欠如により、消費行動の変化が妨げられているという課題も調査からは浮かび上がってきた。調査は2014年2~3月に1010 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る